医学部で勉強しなかった医療保険ゼミナール 新着一覧

連載の紹介

日々の診療行為のベースにあるのは医療保険制度。とは知っていても、その中身までは全くノーマークという先生は多いのではないでしょうか。初期研修医の天野唯先生もその1人。医学部では勉強しなかった保険制度について、教えたがりの長井先輩の講義をなぜか受けることになるのです…。

著者プロフィール

著者:長井道成(ペンネーム) ●ながい みちなり氏。角刈りの集中治療医(中堅)。ICUで働くうちに、医療とお金は切っても切れない関係だと実感し、医療経済学と医療の格差に関心を抱く。
監修:中田善規(帝京大学公衆衛生大学院教授/医療情報システム研究センター長)●なかた よしのり氏。東京大学医学部、経済学部卒。エール大学大学院修了。帝京大麻酔科教授、同附属市原病院副院長などを経て現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】
  2. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  3. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術
  4. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」
  5. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】
  6. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」
  7. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究
  8. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  9. 「どう逝きたいか」がリアルに伝わる文書を施設間で… ケーススタディー◎春日井市民病院「ACP相談員」
  10. 若い医師の過労死は「同僚として痛恨の極み」 産婦人科研修医の自殺が過労死認定、学会・医会が声明