医学部で勉強しなかった医療保険ゼミナール 新着一覧

連載の紹介

日々の診療行為のベースにあるのは医療保険制度。とは知っていても、その中身までは全くノーマークという先生は多いのではないでしょうか。初期研修医の天野唯先生もその1人。医学部では勉強しなかった保険制度について、教えたがりの長井先輩の講義をなぜか受けることになるのです…。

著者プロフィール

著者:長井道成(ペンネーム) ●ながい みちなり氏。角刈りの集中治療医(中堅)。ICUで働くうちに、医療とお金は切っても切れない関係だと実感し、医療経済学と医療の格差に関心を抱く。
監修:中田善規(帝京大学公衆衛生大学院教授/医療情報システム研究センター長)●なかた よしのり氏。東京大学医学部、経済学部卒。エール大学大学院修了。帝京大麻酔科教授、同附属市原病院副院長などを経て現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  2. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2)
  3. COPD患者が骨粗鬆症を発症しやすい理由 トレンド◎COPDがII期になるとき骨密度が同時に低下
  4. 「こんな自分でも4月から救急医になれますか」 研修医のための人生ライフ向上塾!
  5. 新専門医制度、6都府県は専攻医募集に上限 シリーズ◎どうなる新専門医制度
  6. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」
  7. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい
  8. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚
  9. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
  10. アルブミンはギラン・バレー症候群の予測因子 JAMA Neurology誌から