骨太!Dr.仲田のダイナミック整形2

連載の紹介

2005年に刊行されたDVD「骨太!Dr.仲田のダイナミック整形外科」の続編。今シリーズはプライマリ・ケアで診る機会の多い頸椎・大腿骨を取り上げるとともに、整形疾患では欠かせない画像読影のコツを、豊富な症例を提示し、伝授します。Dr.仲田の体をはった名講義は本シリーズでも健在です。また、過去の事例を踏まえて、大地震などの災害への備えも紹介します。

著者プロフィール

仲田和正(西伊豆健育会病院院長)なかだ かずまさ氏。1978年自治医科大学卒業。静岡県立中央病院全科ローテート研修、浜松医科大学麻酔科、静岡県国民健康保険佐久間病院外科・整形外科、自治医科大整形外科大学院、静岡県島田市民病院整形外科を経て、1990年より現職。日本整形外科学会認定医。多数の著書がある。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web
  3. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論
  4. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏
  5. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼
  6. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  7. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
  8. 2040年、医療機関と医師の動きはこう変わる 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《5》
  9. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理
  10. 胸部や腹部のCT検査が腎切除術を増やす JAMA Intern Med誌から
医師と医学研究者におすすめの英文校正