Dr.林の笑劇的救急問答 Season10

連載の紹介

すっかりお馴染みのDr.林による救急シリーズ。電解質は測定してみないとなかなか異常に気づかないものです。ですが、疑ってかからないと恐い病態もあるので、忘れないようにしましょう。カリウム、ナトリウム、カルシウムの異常を取り上げ、診察、検査、診断とその処置・治療をわかりやすく、しかも徹底的に解説!研修医・講師らが演じる爆笑症例ドラマにもヒントがぎっしり!笑いながら重要なポイントを学んでください。

著者プロフィール

林寛之(福井大学医学部附属病院総合診療部教授)はやし ひろゆき氏。1986年自治医科大学卒業。1991年カナダトロント総合病院救急部臨床研修、1993年から僻地医療を経て1997年福井県立病院救命救急センター勤務。医長を経て2011年4月より現職。愛と希望と笑いに満ちた、臨床力が高く心優しい医師を育成するために日々奔走中!趣味は子育て(育児休暇3カ月取得)。「家庭を大事にできないと、患者さんを大事にできない」がモットー。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」
  3. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」
  4. 看護師にしかできない仕事 じたばたナース
  5. 在宅医療へ移行した癌患者が退院当日に自殺 「医学と看護の交差点でケアを考える」
  6. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」
  7. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」
  8. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼
  9. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く
  10. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜