Dr.林の笑劇的救急問答 Season10

連載の紹介

すっかりお馴染みのDr.林による救急シリーズ。電解質は測定してみないとなかなか異常に気づかないものです。ですが、疑ってかからないと恐い病態もあるので、忘れないようにしましょう。カリウム、ナトリウム、カルシウムの異常を取り上げ、診察、検査、診断とその処置・治療をわかりやすく、しかも徹底的に解説!研修医・講師らが演じる爆笑症例ドラマにもヒントがぎっしり!笑いながら重要なポイントを学んでください。

著者プロフィール

林寛之(福井大学医学部附属病院総合診療部教授)はやし ひろゆき氏。1986年自治医科大学卒業。1991年カナダトロント総合病院救急部臨床研修、1993年から僻地医療を経て1997年福井県立病院救命救急センター勤務。医長を経て2011年4月より現職。愛と希望と笑いに満ちた、臨床力が高く心優しい医師を育成するために日々奔走中!趣味は子育て(育児休暇3カ月取得)。「家庭を大事にできないと、患者さんを大事にできない」がモットー。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 薬剤師が医師に言ってはいけない言葉 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」
  2. OSA患者のCPAP使用は性生活の質を改善する JAMA Otolaryngol Head Neck Surg誌から
  3. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」
  4. ナースがうっかりやってしまうこと 病院珍百景
  5. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待
  6. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」
  7. 探してます。自然な理由を 病院珍百景
  8. 2年次の進級は1500人中110人という狭き門 世界薬局・薬学部探訪記
  9. 薬について医師と薬剤師のどちらを信用する? マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」
  10. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
医師と医学研究者におすすめの英文校正