鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 新着一覧

連載の紹介

昔に比べて価値観やキャリアが多様化し、「働き方」に悩む機会が増えてきました。医師でありながらこれまで1000件以上のキャリア相談を受けてきた鈴木裕介氏が、進むべき道を見失った「キャリア迷子」たちに送る「愛の処方箋」。様々なキャリア理論と実践に基づき、優しくレクチャーします。

著者プロフィール

鈴木裕介(ハイズ社)●すずき ゆうすけ氏。2008年高知大卒。一般内科診療やへき地医療に携わる傍ら、高知県庁内の地域医療支援機構にて広報や医師リクルート戦略、 医療者のメンタルヘルス支援などに従事。16年に国家資格キャリアコンサルティング技能士2級を取得。15年より現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. ポストがない…転職に動く「外様」医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏
  2. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴
  3. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人…
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に
  5. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記
  6. 特養の嘱託医、頑張るほど「持ち出し」の現実 記者の眼
  7. ハンドスピナーは医療ツール?おもちゃ? マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」
  8. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏
  9. 感染対策もオシャレに わかる!院内感染対策
  10. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017