鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 新着一覧

連載の紹介

昔に比べて価値観やキャリアが多様化し、「働き方」に悩む機会が増えてきました。医師でありながらこれまで1000件以上のキャリア相談を受けてきた鈴木裕介氏が、進むべき道を見失った「キャリア迷子」たちに送る「愛の処方箋」。様々なキャリア理論と実践に基づき、優しくレクチャーします。

著者プロフィール

鈴木裕介(ハイズ社)●すずき ゆうすけ氏。2008年高知大卒。一般内科診療やへき地医療に携わる傍ら、高知県庁内の地域医療支援機構にて広報や医師リクルート戦略、 医療者のメンタルヘルス支援などに従事。16年に国家資格キャリアコンサルティング技能士2級を取得。15年より現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  2. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」
  4. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」
  5. 「落ちこぼれ研修医が後輩に対してメンツを保つには… 研修医のための人生ライフ向上塾!
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」
  7. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  8. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス
  9. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く
  10. 新専門医制度、8月の専攻医募集開始に向け運用細則… 大都市の5都府県は定員に上限