迷走外科医のこじらせ幸福論 新着一覧

連載の紹介

どうすれば医師は幸せになれるのか。一般読者向けの恋愛コラムを執筆してきたこじらせ外科医、雨月(うげつ)メッツェンバウム次郎氏による、明日の臨床の役には立たないコラム。たまに外科医の本音も漏らしましょう。

著者プロフィール

雨月メッツェンバウム次郎●うげつ めっつぇんばうむ じろう氏。アラサーを少し過ぎ始めた現役外科医。某国立大学医学部卒業後、ほぼ毎日手術をこなす。年間200件近く手術に参加する傍ら、年に1、2回は海外学会へ、年に7回は国内の学会へ行く。メッツェンバウムをこよなく愛する。クリエイターと読者をつなぐサイト「cakes」にてコラム「それでも僕は、外科医をやめない」を連載中。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 初期臨床研修のローテ、7科必修に戻るらしいよ 中山祐次郎の「切って縫うニュース」
  2. 米高血圧ガイドライン改訂、基準値130/80に 学会トピック◎第66回米国心臓協会学術集会(AHA2017)
  3. 摘便希望で救急搬送!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋
  5. 画像の異常所見は肉眼でも見てみよう! 画像診断大国の若手医師へ
  6. 医者の給料はもう上がらない。ならばどうする? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」
  7. 「骨盤矯正」「肩甲骨剥がし」って何なんだ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  8. 労基署に踏み込まれる前に医療界がすべきこと 全国自治体病院協議会会長の邉見公雄氏に聞く
  9. アロハに仮装…あえて道化を演じる病院長の思い 記者リポート
  10. 72歳女性。左下肢痛、何を想起すべき? カンファで学ぶ臨床推論