連載の紹介

医師の恋愛とはどうあるべきなのか。どうすれば医師は幸せになれるのか。一般読者向けの恋愛コラムを執筆してきた独身こじらせ外科医、雨月(うげつ)メッツェンバウム次郎氏による、明日の臨床に役立たない言い過ぎ恋愛コラム。たまに外科医の本音も漏らしましょう。

著者プロフィール

雨月メッツェンバウム次郎●うげつ めっつぇんばうむ じろう氏。アラサーを少し過ぎ始めた現役外科医。独身。某国立大学医学部卒業後、ほぼ毎日手術をこなす。年間200件近く手術に参加する傍ら、年に1、2回は海外学会へ、年に7回は国内の学会へ行く。メッツェンバウムをこよなく愛する。クリエイターと読者をつなぐサイト「cakes」にて恋愛こじらせコラム「それでも僕は、外科医をやめない」を連載中。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」
  3. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」
  4. 看護師にしかできない仕事 じたばたナース
  5. 在宅医療へ移行した癌患者が退院当日に自殺 「医学と看護の交差点でケアを考える」
  6. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」
  7. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」
  8. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼
  9. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く
  10. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜