大医への道 新着一覧

連載の紹介

大学5年時に参加した山本雄士ゼミの合宿をきっかけに、東京の大学を卒業後、高知県に飛び込んだ初期臨床研修医の「大医への道」。行政や政治を見据えたキャリア計画を胸に秘めつつ、日々の研修や生活で学んだことを共有します。

著者プロフィール

金子敏明(高知医療センター初期研修医)●かねことしあき氏。茨城県出身。2015年杏林大卒、同年高知医療センター初期研修医。学生時代は山本雄士氏に師事し、医療政策・医療経営を学ぶ。山本雄士ゼミの運営メンバーを務め、現在も山本雄士ゼミアドバイザリースタッフとして関わる。初期研修から高齢化率で日本の10年先を行く高知へ。2015年度から人材育成のためのプラットホーム「RyomaBase」に参画し、2016年度からRyomaBase高知代表を務める。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 覚醒下心臓手術は新たな選択肢となり得るか? リポート◎日本初、局所麻酔下での心臓弁手術が成功
  2. 90歳女性。内視鏡検査中の急な心停止 日経メディクイズ●救急
  3. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」
  5. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待
  6. ネーザルハイフローは実際にどのように使われている… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
  7. 救急病院が勤務医による在宅医療を重視する理由 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《1》
  8. 論文を正しく読むのはけっこう難しい NMO STORE レビュー
  9. 早期退院促す国策に追い込まれ…赤字の危機に 日経ヘルスケアon the web
  10. FFR0.8以下の安定狭心症にはPCIが有効 NEJM誌から
医師と医学研究者におすすめの英文校正