Nikkei Medical ONLINE日経メディカル オンライン http://medical.nikkeibp.co.jp/

【Photo Gallery】 2009.12〜


兵庫県立粒子線医療センター院長
放射線治療医 菱川良夫先生

 兵庫県知事の貝原俊民氏(当時)は1993年に、県下で癌による死亡が全国平均を上回っていたことから、新しい癌治療として期待されていた粒子線治療を行う病院を山間の地に造ることを計画した。初代院長として白羽の矢が立ったのが放射線治療医としてキャリアを積んでいた菱川良夫先生だった。

 菱川先生はその後7年間、放射線医学総合研究所での研修、行政との調整、病院の構想・設計などに携わり、2001年に兵庫県立粒子線医療センターの開院を迎えた。粒子線治療は巨大な加速器に依存しているため、機械の不調が起こると、全国から来院している患者さんへの治療がストップしまう。加速器の品質管理は最重要課題だった。

 放射線技師の須賀さんを中心に、建設段階から加速器メーカーとの交渉を何度も行い、考えられる限りの品質管理を実践した。安全で継続した治療を行うため、加速器の保守・管理に重点を置き、10万点に及ぶ部品を洗い直し作業を標準化した。その過程でさまざまな開発を手掛け、多くの特許を取得した。患者さんに負担をかけることなく、スムーズに治療を施すため、放射線技師の仕事の効率化を徹底した。それらの努力によって患者数を徐々に増やし、今年度は念願の黒字を達成する見込みだ。

 治療には自費で約300万円が必要になる。入院後は1週間の準備期間を設け、病気に応じて1〜8週間の治療を行う。多くの癌に効果があり、病状によっては外来治療も可能だ。粒子線治療はピンポイントに照射範囲を設定するので、癌周囲の放射線被ばくが少ない。兵庫県立粒子線医療センターは陽子線と炭素線の両方の治療を行える世界唯一の施設である。治療計画も両方の粒子線について立案し、カンファレンスで比較しながら治療を決定する。その経験から骨軟部腫瘍や悪性黒色種など一部の癌は、炭素線のほうが治療成績が良いことなどが分かってきた。適応疾患、粒子線治療についてなどは、病院のHPを参照していただきたい。

 同センターは粒子線治療の先行施設として、鹿児島県指宿の治療施設建設にも協力している。新たな取り組みとして、乳癌治療の固定用プロテクターや、照射法の開発を行っている。また、今年からは本格的に膵癌にも取り組んでおり、今後は難治癌の治療に期待したい。麻酔が必要で、小児科医や麻酔科医の協力が必要になるが、放射線被ばくが少ないという特性を考えると、今後、小児の脳腫瘍などにも粒子線治療が広がることを小児科医として私は期待したい。

■兵庫県立粒子線医療センター院長 菱川良夫先生

 若い人材が力を発揮できるように環境を整え、患者さんのために粒子線治療とその研究を日々進めている。週2回、講演に全国各地を飛び回り、粒子線治療の普及に努めている。菱川先生とお話ししていると、確かなビジョンを持つ経営者のようだった。加速器という巨大な機械に依存する治療を揶揄して、菱川先生は「僕は工場長みたいなもんだよ」と笑っていた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:170
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:31
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 FBシェア数:7
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:24
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:85
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  7. そのまま、動かすな! 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:9
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム 大学と市中病院が連携、研究と臨床を学ぶ場を提供 FBシェア数:108
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:112
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例 日本小児アレルギー学会が「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 FBシェア数:5