連載一覧

連載: 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」

荒井有美の「今さら聞けない薬の話」

連載の紹介

薬剤師と看護師のダブルライセンスを持つ荒井有美氏が、看護師が臨床現場で本当に必要な薬の知識を、クイズ形式でわかりやすく解説します。監修:古川裕之氏(山口大学病院薬剤部長)

著者プロフィール

荒井有美(北里大学病院医療の質・安全推進室専従医療安全管理者、保健師・看護師・薬剤師)●あらい ゆみ氏。1990年北里大学薬学部卒業後、同大東病院薬剤部に勤務。97年同大看護学部に社会人入学し、2001年同大病院に看護師として入職。現在は専従医療安全管理者として病院全般にわたるリスクマネジメントに従事している。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く
  2. 「看護師」としての言葉 じたばたナース
  3. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. 看護師にしかできない仕事 じたばたナース
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」
  6. 在宅医療へ移行した癌患者が退院当日に自殺 「医学と看護の交差点でケアを考える」
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス
  8. 在宅アセスメントって何を確認すればいいの? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  9. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座
  10. 病院が介護施設へ転換…でも「肩書は院長です」 日経ヘルスケアon the web