連載一覧

連載: 新米副看護部長が行く!@杏林大病院

新米副看護部長が行く!@杏林大病院

連載の紹介

2014年4月に副看護部長に就任した二人の筆者が、看護部での奮闘の様子を交互に綴るエッセー。診療報酬制度など病院経営に直結する話題から、人材育成に関することまで、看護管理全般の話題に幅広く切り込みます。

著者プロフィール

高崎由佳理(杏林大病院副看護部長、左)●たかさき ゆかり氏。1990年杏林大病院入職。産科病棟師長、外来師長などを経て、2014年から現職。12年国際医療福祉大大学院修了。助産師。根本康子(杏林大病院副看護部長、右)●ねもと やすこ氏。1987年杏林大病院入職。2004年手術部師長、14年から現職。13年国際医療福祉大大学院修了。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート
  2. ナースが外でついやってしまうこと 病院珍百景
  3. SWOT分析するとき、気を付けたいこと 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」
  4. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス
  5. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊
  6. コミュニケーションの意外なきっかけ!! 病院珍百景
  7. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  8. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会
  9. 名古屋市内で医療事務の従事者が麻疹発症 パンデミックに挑む:トピックス
  10. 「入院は嫌」94歳患者に肝膿瘍が生じたら… 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」
医師と医学研究者におすすめの英文校正