看護師会員昨日(11/23) のアクセスランキング

  1. 油断して言うと必ず何かが起こるアノ言葉!! 2017/11/20 ママの「最近風邪ひいてないね〜」という言葉が禁句なように…… 552983
  2. 学会トピック◎第66回米国心臓協会学術集会(AHA2017) 米高血圧ガイドライン改訂、基準値130/80に 2017/11/22  高血圧と診断する血圧値を140/90mmHgから130/80mmHgに引き下げるなど多くの変更が加わった米国の新しい高血圧診療ガイドラインが、第66回米国心臓協会学術集会(AHA2017、11月11〜15日、開催地:アナハイム)で発表された。米国立心肺血液研究所(NHLBI)が召集した合同委員会の第7次報告(JNC7)が2003年に発表されて以降、米国の包括的な高血圧診療ガイドラインとしては実に14年ぶりの改訂となった。 553732
  3. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 2017/11/21  今回は、耳鼻咽喉科クリニックに対して行った覆面調査の事例をご紹介します。院長は、40代の女性医師。受付スタッフの対応が冷たいと患者さんに指摘をされたことがきっかけで、弊社に依頼がありました。 553698
  4. 美容クリニックで働くナースの変化 2017/11/13 美容クリニックで働く友人いわく、美容クリニックで働きはじめると…… 552982
  5. 摘便希望で救急搬送!? 2017/11/23  便秘で悩んでいる人はたくさんいると思いますが、中には救急車で搬送されてくる人もいます。便が出なくて救急要請なんてアホなことがあるのかと思われるかもしれませんが、結構な頻度でそういう人が搬送されて来ます。主訴「腹痛+便が出ない」で来る人もいますし、痛みなどはないけれど「便を出してほしい」と希望して何度も来る人もいます。 553656
  6. 【特集】腸内細菌叢コントロールで難治疾患に挑む 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ 2017/10/18 関節リウマチ患者に認められるリウマトイド因子の標的は不明だったが、50年前の研究がきっかけで腸内細菌抗原に対する抗体の可能性が示された。最近、腸内細菌叢を改善すれば症状改善が得られることも明らかになってきた。 553171
  7. 全国自治体病院協議会会長の邉見公雄氏に聞く 労基署に踏み込まれる前に医療界がすべきこと 2017/11/09  医師の働き方改革をめぐっては議論が進行中で、早くて7年後から法律が適用されることが決まっている。政府が推進する医師の働き方改革のあり方に対し、2017年9月下旬に厚生労働大臣に緊急要望を提出したのが全国自治体病院協議会会長の邉見公雄氏だ。厚生労働省の中央社会保険医療協議会の委員を6年務めた経験も持つ邉見氏が考える「医師の働き方改革」を聞いた。 553573
  8. 「骨盤矯正」「肩甲骨剥がし」って何なんだ? 2017/11/02  今年もだんじり祭が終わりました。例年に比べて、本当に救急搬送が少なくなりました。ついに、1日の搬送件数が40件程度にまでなりました。これは数年前の半数くらいです。何が変わったのでしょうか。以前も書きましたが、これは設備の変化もあるでしょうけれども、町の皆さんが熱中症対策を真剣に行ってくれたからだろうと思っています。祭りの様子を見ていると、しっかり休憩を取りつつ、水分摂取をしつつ参加されているのを目にします。熱中症になってからの対策も必要ですが、ならないようにするという事が徹底されていることこそが重要であると改めて実感しました。この変化は全国からもっと注目されてもいいのではないかと思っています。 553429
  9. 初期臨床研修のローテ、7科必修に戻るらしいよ 2017/11/22 今回は、初期研修のローテーションについてのお話です。もうすでにあちらこちらで報じられていますが、どうやら臨床研修のシステムが見直されて「7科必修」に戻るらしいですね。7科の中には、これまでローテが義務ではなかった我が外科も復活しています! やれやれ、これで外科医の減少がちょっとは止まる……んでしょうか。 553740
  10. モノマネ上手なナースの申し送り 2017/11/06 演技派ナースの申し送り。患者の状態を分かりやすく伝えることは大切だけれど…。 552981
  11. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 2017/11/16  先日、某SNSで「医師が待機中に飲酒することは許されるか」ということが話題になっていました。仕事中に酒を飲むなんて論外ですよね。一昔前は当直室の冷蔵庫にビールが冷やしてあったなどという都市伝説を聞いたことがありますが、そんなアホなという感じです。僕もお酒は好きですが、仕事中に飲んだりしません。待機だったら、いつでも仕事できるように調整することが求められますので、当然へべれけなんてことは許されません。 553587
  12. 【特集】腸内細菌叢コントロールで難治疾患に挑む CKDの原因に便秘 便秘薬に腎保護作用 2017/10/19 慢性腎臓病(CKD)を治す薬剤は存在しないが、便秘薬を活用することで血清クレアチニン値を改善させられる可能性が出てきた。食事由来成分と腸内細菌により産生される尿毒素を腸内に滞留させないことが、予後改善に有効だ。 553177
  13. 時間泥棒な集団指導 2017/10/30 他人の興味を引きながら何かを分かりやすく教えられることは特別なスキル。一朝一夕には上手にならないけれど、せめて「時間泥棒」だけはしないように…。 552980
  14. リーダーの肖像【第2回】 アロハに仮装…あえて道化を演じる病院長の思い 新村 浩明 氏(ときわ会常磐病院 院長) 2017/11/22 院内ではただ1人1年中アロハを着て、その写真をSNSに日々公開。時には時代劇の主人公に扮し、高齢者施設を訪問したり自院のPR動画を作製する――。そんな一風変わった病院長が福島県いわき市にいる。常磐病院院長の新村浩明氏は、人手不足が深刻化する地元に貢献できればとの思いから、診療機能、勤務環境を向上させるほか、自ら先頭に立って病院のPRやユニークな地域支援活動に取り組んでいる。もともといわき市に縁もゆかりもなかったという同氏が地域貢献に勤しむ背景には、当地でのある人物との出会いがあった。(文中敬称略) 553703
  15. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 2017/11/20  「プロトンポンプ阻害薬(PPI)を長期で飲んでいる患者さんですが、内視鏡では、恐らく2年前の胃潰瘍瘢痕しかなく、萎縮性胃炎も軽度です。いつまでPPIの処方を続ければいいのでしょうか」 553595
  16. トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も 2017/11/21 子どもの病気と捉えられがちな「RSウイルス感染症」だが、呼吸器関連の基礎疾患がある高齢者でも、病状悪化の引き金になることが分かってきた。高齢者で重症化するリスクは、インフルエンザと同程度というデータもある。2017年は季節外れの夏場にRSウイルス感染症が大流行したが、年末に向けてもう1回、流行する可能性もあるので警戒が必要だ。 553694
  17. 『日経ヘルスケア』2017年11月号より 誰も勤務ルールを守らない…効果的な対策とは? 2017/11/16 当院では5人の職員が働いています。勤務態度はそれほど悪くないのですが、始業時刻ギリギリに出勤して業務が始まっているのにバタバタと制服に着替えたり、全員分のタイムカードを打刻したりと、もう少ししっかり働いてもらいたいと感じています。職場の勤務ルールを徹底するにはどうしたらよいでしょうか。(50歳、耳鼻科) 553575
  18. 交替時間のオーラ 2017/10/23 勤務の交替時間を迎えたナースのところへ、何やら用事ありげな患児の家族。そのとき、ナースのオーラの色は? 552979
  19. 72歳女性。左下肢痛、何を想起すべき? 諏訪中央病院(長野県茅野市)昼カンファレンス 2017/11/22  約2カ月前から左下肢に痛みが表れ、前日に突然、痛みが強くなり歩けなくなったため、息子に連れられて救急外来を受診した。痛みの範囲は左鼠径部から左膝までで、自力では下肢を持ち上げられない。転倒はしておらず、外傷もない。腫れや腫瘤は認めない。 542509
  20. ARB:アジルバ躍進、オルメテック抜き首位に 3位はカンデサルタン、4位はテルミサルタン 2017/11/22  日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、ARB(アンジオテンシン2受容体拮抗薬)のうち最も処方頻度の高いものを聞いたところ、24.2%の医師がアジルサルタン(商品名アジルバ)と回答した。第2位のオルメサルタン(商品名オルメテック他)は23.0%、第3位のカンデサルタン(商品名ブロプレス他)は16.8%、第4位のテルミサルタン(商品名ミカルディス他)は16.6%の医師が、最も処方頻度の多い薬剤として選んだ。 553738

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. 油断して言うと必ず何かが起こるアノ言葉!! 病院珍百景
  2. 米高血圧ガイドライン改訂、基準値130/80に 学会トピック◎第66回米国心臓協会学術集会(AHA2017)
  3. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ
  4. 美容クリニックで働くナースの変化 病院珍百景
  5. 摘便希望で救急搬送!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  6. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋
  7. 労基署に踏み込まれる前に医療界がすべきこと 全国自治体病院協議会会長の邉見公雄氏に聞く
  8. 「骨盤矯正」「肩甲骨剥がし」って何なんだ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  9. 初期臨床研修のローテ、7科必修に戻るらしいよ 中山祐次郎の「切って縫うニュース」
  10. モノマネ上手なナースの申し送り 病院珍百景