看護師会員昨日(01/20) のアクセスランキング

  1. 第86回 認知症と運転免許更新(1) これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 2017/01/20  今春に道路交通法が改正され、高齢者の免許更新が厳格化されることはご存じかと思います。この連載でも以前に数回、認知症と運転免許更新について述べてきましたが(参考記事)、いよいよ3月12日から改正道路交通法が施行され、認知症に関する診断書作成などで医師に負担がかかることになります。今回から、この認知症診療と関係する改正道路交通法の諸問題、特に認知症を専門とされないかかりつけ医・非専門医がどのように関わっていったらよいかについて私の考えを述べてみたいと思います。今回は、やや堅苦しい内容かと思いますが、医師がこれだけは知っておきたい道路交通法についてお話しします。 549786
  2. 80歳の経営トップが強硬に反対、若手医師が疲弊… 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 2017/01/20  医療機関にとって電子カルテシステムは今や欠かせないツールです。導入や更新が遅れれば、診療や事務作業の効率化や他院との連携などに支障を来し、経営面への打撃も小さくありません。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』の人気コラム「コンサルタント工藤高の病院経営最前線」。1月号の記事では、電子カルテ導入を強硬に反対する病院経営者を説得すべく、MMオフィス代表の工藤高氏が奮闘しました。 549813
  3. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 2017/01/19  先日DMAT訓練で神戸へ赴いたところ、こんな建物を見つけました。このビルは、介護付き有料老人ホームだそうです。バベルの塔を作ったころは神の怒りに触れ、全く別々の言葉を話すようにされて完成の日を見ることなく人々は散り散りになってしまったわけですが、再び日本語を話す人々が集結した結果、こんなに天高くそびえ立つ老人ホームを立ててしまいました。都会はすげぇなぁなんて思ったのですが、これで大丈夫かいなと思わなくもないのでちょっと考えてみます。 549768
  4. 意外と知らない看取りの手順 2017/01/10 死亡の確認は、日本では医師と歯科医師だけに許された仕事です。その割にその方法を学ぶ機会は少なく、現場で先輩医師の振る舞いを見てまねたり、必要なことは独学したりしてやってきました。同じような医師は少なくないのではないかと思います。ここでは、最低限必要な手順と、私がしている工夫を紹介したいと思います。 549692
  5. 「マネジメントをして!」叱られた新米師長 2017/01/19 Aさんが看護師長になって半年。ようやく業務にも慣れて、病棟スタッフにも受け入れられるようになったかなと感じていた頃、日曜日の日勤帯でAさんの病棟のスタッフが、インシデントを起こしてしまいました。しかも、スタッフから上司への報告が遅かったため、患者への対応が遅れ、家族から苦情を受けてしまいました。 549818
  6. 第4回 往診に行ったら仏壇をチェック!? 2017/01/10  今日はDr.ニシが初めて訪問診療で患者さんの自宅に伺う日。二人の勤務する病院では、病院からも訪問診療に出る体制が取られている。比較的遠方に住んでいる方や、長期安定となりそうな方であれば、地域の先生方に訪問診療をお願いしているが、癌などで在宅を継続できるか不安定なケースなどでは病院から直接、訪問診療に出ることがある。 549607
  7. 新人研修に入院体験を入れてみては  2017/01/20 「酸素マスクを長時間装着している患者に、なぜ苦痛を緩和するためのケアを行わなかったの!?」と注意した指導ナースに、新人ナースAさんは次のように返したそうです。 549801
  8. リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(1) 「かざす」だけでバイタルデータを瞬時に記録 2017/01/18 京都大学医学部附属病院では、ICTを活用して医療従事者の業務効率を高める仕組みを相次いで導入している。その一つが、看護師が日常的に病棟で行うバイタルデータ測定の効率化だ。2016年5月に運用を始めた「バイタルデータターミナル」は、看護師がベッド脇の端末に測定機器をかざすだけで自動的にその看護師を識別し、患者とひもづけた測定データを電子カルテに自動記録できるシステムだ。 549789
  9. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてたのに 2017/01/16  私の祖父は、昨年の6月1日、享年95歳で亡くなりました。生前より、「じーちゃんが死にそうな時は、何にもしなくていいからね。もう、何にもしなくていんだよ」と話していました。 549449
  10. 第30回 イラク・モスル奪還作戦の余波 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 2017/01/20 「こんな時間にすまない。明日の出発は中止だ。現場で事故が起こったらしい。ひとまず明朝、事務所に来てくれないか」。翌日、派遣予定の病院で爆破事件があったことを告げられた私は、パリから帰国した。 549783
  11. トレンド◎COPDがII期になるとき骨密度が同時に低下 COPD患者が骨粗鬆症を発症しやすい理由 2017/01/19  慢性閉塞性肺疾患(COPD)は気管支や肺胞の慢性炎症に基づく肺病変が主体だが、この炎症は全身性で、そのため多くの併存疾患を誘発する。その1つが骨粗鬆症で、COPD患者に高率に合併するとされている。この肺と骨の関係について、2016年10月に仙台市で開催された第18回日本骨粗鬆症学会のシンポジウムのテーマにも取り上げられ、興味深い検討結果が相次いで発表された。 549756
  12. リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2) 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に 2017/01/19 医局内カンファレンスの準備時間をほぼゼロにできる、病棟管理を担当する医師にとっては夢のようなシステムが誕生した。京都大学医学部附属病院が2016年5月に導入した「メディカル カンファレンス ポータル」がそれだ。患者のリストアップや診断画像の取り寄せといった事前準備が不要になるというこのシステムの実力に迫った。 549814
  13. 人が死ぬ理由 2017/01/16 路上で倒れていたところ、周囲の人に発見されて入院となった男性のとった行動とは……。 549046
  14. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 2017/01/11  2016年の暮れ、全国の病院経営者に衝撃的なニュースが走った。東京都杉並区に本拠を置き河北総合病院などを経営する社会医療法人・河北医療財団と、東京都多摩市に本拠を置き天本病院などを経営してきた医療法人財団天翁会が12月1日付で合併したのだ。存続法人は河北医療財団。天翁会は12月からは河北医療財団多摩事業部として、これまで通り経営を継続している。 549735
  15. リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え 2017/01/12  頸部脊柱管狭窄症や頸椎ヘルニアなどの頸部疾患を持つ患者が長時間同じ姿勢を保持することで発症する「頸性めまい」をご存じだろうか。日常診療で遭遇するなかなか改善しないめまいの中に、「頸性めまい」が潜んでいる可能性がある。診断できれば頸部に負担を掛けない生活を心掛けたり、筋弛緩薬を投与したりすることで、めまい症状を改善できる。 549748
  16. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 2017/01/13  「医療のことに口を出すな!」「家族に対して余計なことを言うな!」――。これらは、ケアマネジャーが開業医の先生方からよく浴びせられる言葉です。 549738
  17. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 2017/01/18 田中先生、今いいですか? 腹痛と下痢が主訴の30代の男性です。血液検査で炎症所見、電解質異常もなく、腹部骨盤造影CT、追加で便培養と大腸内視鏡も行いましたが問題ありませんでした。甲状腺ホルモンなども問題なしです。特に異常はないので、整腸剤だけ処方しようと思いますがどうでしょうか。 549619
  18. 日経メディクイズ●皮膚 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 2017/01/18  10日前に左下腿後面に圧痛を伴う紅斑・紫斑が出現。徐々に拡大し、中央に黒色壊死を伴うようになった。… 549816
  19. 入院したい患者と家に帰したいナース 2017/01/06 いつものようにA病院の看護師長らが、病床コントロールに関する会議を開催していると、一般病棟の山田師長のPHSに、外来から入院患者依頼の一報が入りました。「森田愛子さん(仮名)、92歳、女性。腹痛を主訴に外来受診。50万円持っているから入院させてほしいって言ってるの?いつものかかりつけの診療所の先生がお休みでうちに来たの?それで主治医は何て?入院が必要な状態なの?」。山田師長が電話で患者さんの情報を聞きながら、隣のスタッフが電子カルテでその患者さんの情報を開いて見ています。 549661
  20. シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 都市部と地方の提供体制の地域差解消を求める意見相次ぐ 2017/01/16  中央社会保険医療協議会(中医協)は1月11日の総会で、2018年度診療報酬改定に向けて在宅医療をテーマに議論した。訪問診療、在宅薬剤管理、訪問看護などについて、多様化するニーズに応える新たなサービスの提供や、地域や患者個々の状態の差などを踏まえた評価のあり方などについて話し合われた。委員からは、都市部と地方の提供体制の地域差解消などを求める意見が上がった。 549794

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座
  2. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web
  3. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」
  5. 「マネジメントをして!」叱られた新米師長 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」
  6. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  7. 新人研修に入院体験を入れてみては  小林光恵の「ほのぼのティータイム」
  8. 「かざす」だけでバイタルデータを瞬時に記録 リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(1)
  9. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考
  10. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場