看護師会員昨日(03/01) のアクセスランキング

  1. 2/22放送 NHK『ガッテン!』から NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って 2017/02/27  このコラム、だいぶご無沙汰しちゃっていたのですが、2月22日放送のNHK『ガッテン!』でトンデモナイ内容が放送されたと聞きつけまして、NHKオンデマンドで久々に視聴してみました。ちなみに、『ためしてガッテン』って、1年ほど前に番組名が『ガッテン!』に変わりました。その理由はあまり説明されていないように思いますが、試すことを重視しないというコンセプトに変更したんですかね。あと『!』も付いたんだなあ。ビックリするような情報をお届けします、ってことなのかな……。 550337
  2. 母の手は石のように固くひび割れ、血が滲んで 私は医療者の思いや考えを押し付けていたのではないか 2017/03/01  何かの拍子に触れたその母親の手のひらは、石のように固く、大きく細かくひび割れ、ガサガサで血が滲んでいた。はっとした。母親の身体も心も、魂までもが、痛そうだった。辛そうだった。苦しそうだった。私は、どんなに言葉を探してもたどり着けない心に触れた思いがした。 549901
  3. 第4回 水飲んじゃダメですか?─心不全 2017/03/01  朝日も西日も当たらない北病棟。心不全の患者さんは、喉が渇いていました。水を飲もうとしたら、「あ、ダメダメ」の声。ナースになって20年の看護師さん。しばらくして……。<氷を5、6個入れたマグカップ>を差し出し「渇きが取れますよ」。なんて場面を研修医の時に見た記憶。<心不全だと水を飲んじゃいけないのか>考えてみました。 550214
  4. 第7回 職業感染対策その2 インフルエンザ流行、今年はなかなか手ごわい! 2017/02/28  前回に続き今回も、医療従事者自身にも関係が深い感染症を取り上げます。冬の風物詩とも言えるインフルエンザです。程度の差はあれ、冬から春にかけて必ず流行する病気ですね。日本では、一回の流行で約10%の人が感染すると考えられており、この冬から春にかけての流行(2016〜17シーズンと呼びます)も2月12日までにおよそ1100万人がインフルエンザで医療機関を受診しています。 550286
  5. 院長を落胆させた「即戦力新人」の仕事ぶり 2017/02/27  今回ご紹介するのは、西日本の都市部で内科系クリニックを開業したA医師のケースだ。開業前に事務職員の募集を検討していたところ、知人から実務経験者を紹介したいという申し出を受けた。開業予定地の近くに住んでいるのだという。オープニングスタッフの中に医療事務経験者がいると非常に助かる。A医師は早速会ってみることにした。 550339
  6. NHK『クロ現+』も問題にした在宅医療の質 2017/02/28  2月16日、NHKの報道番組『クローズアップ現代+』で「終の棲家で何が? 問われる在宅医療」と題した特集が放送されました。国は「病院から在宅へ」という大号令の下に、在宅医療の推進に取り組んでいますが、果たして質が伴っているだろうかという提言です。これまで、在宅医療はただひたすら素晴らしいというスタンスの報じられ方が多かったのに対して、あえて否定的な投げかけをしたという意味で、画期的な番組だったと感じています。 550331
  7. トレンド◎抗凝固療法を不要にする「左心耳閉鎖デバイス」 心房細動での脳梗塞を防ぐデバイス、日本上陸へ 2017/02/28  2015年に米国で承認された、心房細動患者の脳梗塞を予防する「左心耳閉鎖デバイス」。日本国内でメーカー2社が、それぞれ治験開始に向けた準備を進めている。留置すれば脳梗塞予防のための抗凝固薬の服用を中止できるため、特に出血リスクが高い患者への新たな治療選択肢として期待が高まっている。 550329
  8. 意外と多いナースの更衣室の悩み 2017/02/25 看護師のA田さんは、更衣室でのある出来事をきっかけに、勤務している病院を辞めようと考えているそうです。 550304
  9. 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 2017/02/22  多施設の健診データに基づく症例対照研究の結果、逆流性食道炎のリスク因子は男女で異なることが明らかになった。調査研究を行ったGERD研究会を代表し、名古屋市立大学次世代医療開発学の神谷武氏が、2017年2月17〜18日に名古屋市で開催された第13回日本消化管学会総会学術集会で発表した。 550258
  10. 「睡眠科学、睡眠医療に関わる学術団体として看過できない」 睡眠学会がNHK「ガッテン!」の内容を批判 2017/02/28  日本睡眠学会は2月27日、2月22日に放映されたNHK番組「ガッテン!」の「最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎」について、睡眠科学および睡眠医療に関わる学術団体として、「看過できない問題点が確認された」との理由から見解を表明した。 550359
  11. アサーティブなコミュニケーションのコツ(1) 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 2017/02/24  コミュニケーションの上手な人は、相手の言い分や立場を尊重しながら、自分の思いを率直に正直に、その場に合わせて伝えることができます。そのような伝え方が「アサーティブなコミュニケーション」です。 550244
  12. 踊る新人ナースマン 2017/02/27 あなたの職場にも、こんなナースマンいませんか。 550307
  13. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 2017/02/23  東病院では、2005年から併設の老健施設に研修医を受け入れている。済生会熊本病院、熊本中央病院が運営する臨床研修プログラムの一環だ。私は、老健施設田迎ケアセンターの理事長の肩書も持っているので、1日は研修医の教育係を務めている。 550263
  14. 介護福祉士の資格試験、受験者半減のインパクト 2017/02/28  2月初旬、高齢者ケアの担い手である介護福祉士の受験者が半減したという報道に接し、愕然とした。2016年度は受験者が8万人足らずに落ち込んだという。主因と考えられているのが、ケア現場で3年以上の実務経験を積んだ人が国家試験を受ける「実務経験ルート」の条件変更だ。 550343
  15. 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗体検査で 2017/02/24  胃癌予防において、Helicobacter pylori(以下、ピロリ菌)の感染検査は重要である。2月17〜18日に名古屋市で開催された第13回日本消化管学会総会学術集会で日本大学消化器肝臓内科学の岩本真帆氏は、若年者に対するピロリ菌スクリーニング検査においては、簡便な迅速尿中抗体検査が十分に有用であることを報告した。 550278
  16. 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 過敏性腸症候群のリスク因子は? 2017/02/22  過敏性腸症候群(IBS)は、病態生理が多様であり、有効な治療法を検討するためには多因子を評価する必要があること、治療抵抗性を示す患者が少なからず存在することなどが課題となっている。2017年2月17〜18日に名古屋市で開催された第13回日本消化管学会総会学術集会のワークショップ「炎症性腸疾患と過敏性腸症候群の薬効評価の新展開」の中で、IBS患者の食生活や腸内細菌叢といった病態生理に関する検討や、治療抵抗性因子の解析結果が報告された。 550259
  17. シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 介護保険事業計画で自立支援の目標設定を義務化 次期計画の基本的記載事項に「要介護状態の維持・改善の目標」を追加 2017/02/28  厚生労働省は2月27日、社会保障審議会・介護保険部会で、第7期(2018〜2020年度)介護保険事業(支援)計画の基本指針の構成案を示した。2018年度介護保険制度改正で導入が検討されている自治体の自立支援・重度化防止への取り組みに対する財政的インセンティブに関連して、「自立支援や要介護状態の予防・軽減・維持、介護給付等の適正化などの目標」を各市町村が設定し、計画に記載することなどを盛り込んだ。今年の夏までに基本指針の文案を検討し、年内の告示を目指す。 550364
  18. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 2017/02/24 小学5年生の男の子で、朝になるとトイレにこもることが多く、下痢があるそうです。近くの小児科では採血とレントゲンで異常がなく、子どもにはよくあることだと言われたそうです。でもお母さんが、怖い病気が隠れている可能性も含め心配しているようで。子どもに大腸内視鏡はつらすぎますし、うちに小児消化器のグループはないし、どう対応していいのか…。 550112
  19. エントリーNo57 使いさしの軟膏チューブをすぐに探せる メーカー販促品などを活用してゼロコストに 2017/03/01 コストも掛からず、使いさし軟膏チューブがすぐに探せます。 550357
  20. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 2017/02/16 救急外来で発熱患者さんが「昨日から発熱してます。実は数日前息子がインフルエンザと言われまして…」みたいなことをいう季節になりました。かれこれ数週間前の話になりますが、実は僕もインフルエンザでまるまる1週間ちかくダウンしました。しかも一家全滅状態でした。まさに絵に描いたようなインフルエンザストーリーが自分にも降りかかって来たのです。かかってしまったものはしゃーないです。どうしようもありません。ということで、ひたすら寝て過ごしました…。 550129

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」
  2. 母の手は石のように固くひび割れ、血が滲んで 患者と医師の認識ギャップ考
  3. 水飲んじゃダメですか?─心不全 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」
  4. インフルエンザ流行、今年はなかなか手ごわい! わかる!院内感染対策
  5. 院長を落胆させた「即戦力新人」の仕事ぶり 院長を悩ます職員トラブル大研究
  6. NHK『クロ現+』も問題にした在宅医療の質 廣橋猛の「二刀流の緩和ケア医」
  7. 心房細動での脳梗塞を防ぐデバイス、日本上陸へ トレンド◎抗凝固療法を不要にする「左心耳閉鎖デバイス」
  8. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」
  9. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会
  10. 睡眠学会がNHK「ガッテン!」の内容を批判 「睡眠科学、睡眠医療に関わる学術団体として看過できない」