小林光恵の「ほのぼのティータイム」

連載の紹介

人気漫画「おたんこナース」の原案者である著者が、医療・介護の現場にまつわる話題から看護師のプライベートな悩みまで、気になるテーマを取り上げます。看護師が日常の中でふと感じる疑問や悩みなどに対して、著者ならではユニークな視点から新たな提案をします。仕事で疲れてホッと一息つきたい時におススメのコラムです。

著者プロフィール

小林光恵(元看護師、ライター)●こばやしみつえ氏。看護師、編集者を経て1991年より執筆業を中心に活動。漫画「おたんこナース」、ドラマ「ナースマン」の原案者。エッセイに『こちら、ナース休憩室。』『小悩みさん』、小説に『死化粧 最期の看取り』『ナースマン』『限りなくキョーダイに近いフウフ』など。エンゼルメイク研究会代表(2001年〜)。看護に美容ケアをいかす会代表(2016年〜)。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化…
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」
  4. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」
  5. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座
  6. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分
  7. 何気ない言葉の効果 じたばたナース
  8. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘
  9. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図
  10. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」