連載一覧

連載: 木澤晃代の救命救急の現場から

木澤晃代の救命救急の現場から

連載の紹介

“特定行為に関わる研修修了者”として救急領域で実践活動を行っている筆者が、臨床現場のさまざまなエピソードを基に、看護業務のあり方、さらには仕事と家庭との両立、専門性の追求といったナースのキャリアに対する想いを綴ります。

著者プロフィール

木澤晃代氏(筑波メディカルセンター病院看護師長)●きざわ あきよ氏。1997年から筑波メディカルセンター病院勤務。ICU・救急外来勤務を経て、2004年救急看護認定看護師資格取得。08年東京女子医大大学院卒業、急性・重症患者看護専門看護師資格取得。11年特定看護師(仮称)養成施行事業実施課程、12年看護師特定行為・業務試行事業を経て、臨床現場で活躍中。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  2. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」
  3. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは?
  4. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考
  5. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」
  7. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  8. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
  9. 鎮痛・鎮静の指針開発し、過鎮静が激減 学会トピック◎第18回日本救急看護学会学術集会
  10. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場