連載一覧

連載: 医学と看護の交差点でケアを考える

医学と看護の交差点でケアを考える

連載の紹介

クリニックで診る疾患、症状は多様で、治療がゴールにならない=「ケア領域」の患者さんが多くいます。医学だけでは太刀打ちできない中、医師が看護師などの他の医療従事者と力を合わせ、同じ方向を向いて患者さんと向き合う機会は、実際にはそれほど多くないのではないでしょうか。本連載では、内科開業医である著者が医学と看護の交差点に立ち、過去の知見の分析と臨床知から、医療の形を見直します。

著者プロフィール

いしはら ふじき氏●信州大学医学部医学科、同大学院卒。医学博士。信州大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、1998年より六号通り診療所(東京都渋谷区)所長。2015年10月より北品川藤クリニック(東京都品川区)院長。著書に『誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方』『健康で100歳を迎えるには医療常識を信じるな!』。趣味は演劇とマジック。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス
  2. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  3. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS
  4. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」
  5. 五輪でドーピング…主訴「薬を盛られた?」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  6. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  7. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside
  8. インフルエンザには寛容の処方を 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」
  9. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼
  10. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療
医師と医学研究者におすすめの英文校正