連載一覧

連載: 平方眞の「看取りの技術」

平方眞の「看取りの技術」

連載の紹介

国内に数少ない緩和ケア専門病院で副院長を務める筆者が、これまで1500人以上の患者を看取ってきた経験を基に、患者・家族をより良い死へと導くための技を紹介します。癌などの基礎疾患を抱えていても「最期は老衰を目指す」というのが、筆者の診療スタンス。そのノウハウとは――。

著者プロフィール

1990年山梨医科大学(現山梨大学)医学部卒業。武蔵野赤十字病院、町立厚岸病院、自治医科大学血液内科を経て、1994年に諏訪中央病院に着任。96年頃から訪問を中心に緩和ケアを開始し、98年に緩和ケア担当医長に就任。2009年から愛和病院副院長。著書に『看取りの技術』(日経BP社)がある。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. 人工呼吸器の中止はモルヒネによる緩和ケア後に インタビュー◎集中治療における終末期医療の日米の違いを考える
  2. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC
  3. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から
  4. デイサービスで感じた女子力とは? 病院珍百景
  5. 頭に何かできました。もしかしてガンですか? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
  6. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く
  7. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療
  8. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web
  9. 幻肢の痛みをバーチャルリアリティーで癒す トレンド◎幻肢痛の治療最前線
  10. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」
医師と医学研究者におすすめの英文校正