連載一覧

連載: 平方眞の「看取りの技術」

平方眞の「看取りの技術」

連載の紹介

国内に数少ない緩和ケア専門病院で副院長を務める筆者が、これまで1500人以上の患者を看取ってきた経験を基に、患者・家族をより良い死へと導くための技を紹介します。癌などの基礎疾患を抱えていても「最期は老衰を目指す」というのが、筆者の診療スタンス。そのノウハウとは――。

著者プロフィール

1990年山梨医科大学(現山梨大学)医学部卒業。武蔵野赤十字病院、町立厚岸病院、自治医科大学血液内科を経て、1994年に諏訪中央病院に着任。96年頃から訪問を中心に緩和ケアを開始し、98年に緩和ケア担当医長に就任。2009年から愛和病院副院長。著書に『看取りの技術』(日経BP社)がある。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究
  2. 人が死ぬ理由 じたばたナース
  3. せん妄の特効薬 じたばたナース
  4. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼
  5. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考
  6. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話
  7. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  8. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」
  9. 素朴な疑問 じたばたナース
  10. 新検査法の登場で百日咳の診断が変わる トレンド◎ガイドラインも改訂、早期診断・治療が可能に