連載一覧

連載: 平方眞の「看取りの技術」

平方眞の「看取りの技術」

連載の紹介

国内に数少ない緩和ケア専門病院で副院長を務める筆者が、これまで1500人以上の患者を看取ってきた経験を基に、患者・家族をより良い死へと導くための技を紹介します。癌などの基礎疾患を抱えていても「最期は老衰を目指す」というのが、筆者の診療スタンス。そのノウハウとは――。

著者プロフィール

1990年山梨医科大学(現山梨大学)医学部卒業。武蔵野赤十字病院、町立厚岸病院、自治医科大学血液内科を経て、1994年に諏訪中央病院に着任。96年頃から訪問を中心に緩和ケアを開始し、98年に緩和ケア担当医長に就任。2009年から愛和病院副院長。著書に『看取りの技術』(日経BP社)がある。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」
  2. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは?
  3. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考
  4. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」
  5. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  6. 救えなかった「冷や汗」の症例 木川英の「救急クリニック24時」
  7. 「SSIは起こってもしょうがない」はウソ! わかる!院内感染対策
  8. 鎮痛・鎮静の指針開発し、過鎮静が激減 学会トピック◎第18回日本救急看護学会学術集会
  9. 職員のもめ事対応に幾多の失敗経験を生かす はりきり院長夫人の“七転び八起き”
  10. 感染性胃腸炎、例年より2週間早く流行入り 今シーズンのノロ流行株は従来型や新型ではない「GII.2」