連載一覧

連載: はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」

はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」

連載の紹介

保健師として13年間働いた後、高知県内屈指の急性期病院である近森病院に入職。外来パート勤務を経て病棟師長、看護部長を務め、大学教員、訪問看護ステーション所長など様々な看護のフィールドも経験した筆者が、長年の経験を踏まえて看護の今、そして未来について語ります。看護現場のキラリと光るエピソードを一緒に探しましょう。

著者プロフィール

久保田聰美◎くぼたさとみ氏。1986年高知女子大学家政学部看護学科卒。虎ノ門病院、高知県総合保健協会を経て、2004年近森病院に入職。07〜13年同病院看護部長、15年ぺーす代表取締役を経て、現在、高陵病院教育顧問、高知県立大大学院看護学研究科災害看護グローバルリーダー養成プログラム(DNGL)特別研究員。看護学博士。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. 「看護師」としての言葉 じたばたナース
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  3. 看護師にしかできない仕事 じたばたナース
  4. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏
  5. 在宅医療へ移行した癌患者が退院当日に自殺 「医学と看護の交差点でケアを考える」
  6. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究
  7. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」
  8. 中国で流行拡大、家禽類の感染まん延が原因か パンデミックに挑む:トピックス
  9. わたしのルール じたばたナース
  10. 家族の結び付きを深めたホームでの看取り 「医学と看護の交差点でケアを考える」