連載一覧

連載: はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」

はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」

連載の紹介

保健師として13年間働いた後、高知県内屈指の急性期病院である近森病院に入職。外来パート勤務を経て病棟師長、看護部長を務め、大学教員、訪問看護ステーション所長など様々な看護のフィールドも経験した筆者が、長年の経験を踏まえて看護の今、そして未来について語ります。看護現場のキラリと光るエピソードを一緒に探しましょう。

著者プロフィール

久保田聰美◎くぼたさとみ氏。1986年高知女子大学家政学部看護学科卒。虎ノ門病院、高知県総合保健協会を経て、2004年近森病院に入職。07〜13年同病院看護部長、15年ぺーす代表取締役を経て、現在、高陵病院教育顧問、高知県立大大学院看護学研究科災害看護グローバルリーダー養成プログラム(DNGL)特別研究員。看護学博士。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座
  2. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」
  3. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web
  4. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  5. 新人研修に入院体験を入れてみては  小林光恵の「ほのぼのティータイム」
  6. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  7. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気
  8. 「マネジメントをして!」叱られた新米師長 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」
  9. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場
  10. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考