グローバル看護 七転び八起き

連載の紹介

訪日外国人・在留外国人の増加に伴い、看護師が日本とは全く違う文化圏の患者に対応することも珍しくなくなっています。このコラムでは、看護師と患者の「文化の違い」に着目し、外国人患者対応でトラブらないための具体的な対応方法を学びます。

著者プロフィール

二見茜◎ふたみあかね氏。国立国際医療研究センター特任研究員。音大卒業後、日系航空会社を経て、2013年聖母大学看護学部国際看護学専攻(現・上智大学人間科学部看護学科)卒業。2015年に国立国際医療研究センターに開設された国際診療部で、年間1000件以上の外国人患者症例の対応に奮闘する。趣味は料理で、訪日外国人向け料理教室の講師も務める。2017年4月より現職。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定
  2. 産休・育休明けの処遇、人事評価の注意点は? 診療所経営駆け込み寺
  3. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼
  4. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話
  5. インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、今シーズン初め… インフルエンザ診療Next:トピックス
  6. 時代とともに失われたナースのスキル 病院珍百景
  7. 上行から弓部大動脈置換術の技を学ぶ―その3 動画で学ぶ「神の手」テクニック
  8. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」
  9. 抗菌薬関連下痢症の再発を防ぐ抗体医薬が登場 トレンド◎C. difficile産生トキシンBを捕捉して腸傷害を回避
  10. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」
医師と医学研究者におすすめの英文校正