連載一覧

連載: グローバル看護 七転び八起き

グローバル看護 七転び八起き

連載の紹介

訪日外国人・在留外国人の増加に伴い、看護師が日本とは全く違う文化圏の患者に対応することも珍しくなくなっています。このコラムでは、看護師と患者の「文化の違い」に着目し、外国人患者対応でトラブらないための具体的な対応方法を学びます。

著者プロフィール

二見茜◎ふたみあかね氏。国立国際医療研究センター特任研究員。音大卒業後、日系航空会社を経て、2013年聖母大学看護学部国際看護学専攻(現・上智大学人間科学部看護学科)卒業。2015年に国立国際医療研究センターに開設された国際診療部で、年間1000件以上の外国人患者症例の対応に奮闘する。趣味は料理で、訪日外国人向け料理教室の講師も務める。2017年4月より現職。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. 「これって労災ですよね」 腰痛の職員が院長に要求 院長を悩ます職員トラブル大研究
  2. 新人は察した!! ナースに必要な力! 病院珍百景
  3. 輸血拒否の患者に緊急輸血の必要が生じたら 裁判官が語る医療訴訟の実像
  4. 脳内出血しやすい高齢者はこう見分ける リポート◎悩ましい高齢者への抗凝固療法
  5. ナースになって変わった本棚 病院珍百景
  6. ACPは事前指示やリビングウィルと何が違う? アドバンス・ケア・プランニング事始め
  7. カマグ、アミティーザ、グーフィス、何を使う? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
  8. タミフルの10代患者への投与、再開へ トレンド(DIオンライン)
  9. CKDガイドラインと整合性のあるJSH2019に 学会トピック◎第7回臨床高血圧フォーラム
  10. 頭痛の問診を見れば医師の能力が分かる 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
医師と医学研究者におすすめの英文校正