Aナーシングとは?

 Active(活動的な)、Advanced(高度な)、Autonomous(自律的な)――。Aナーシングは、三つの「A」をコンセプトにした看護師向け情報サイトです。

 高齢化や医師不足、在宅医療の推進など、医療界を取り巻く状況がめまぐるしく変化する中、高い知識と技能を持った看護師の活躍に期待が寄せられています。専門看護師や認定看護師の有資格者数は着実に増えており、専門性の高いケアを診療報酬上で評価する動きも出てきました。さらに国は、高度な医行為(特定行為)を行うための看護師の研修制度の創設も進めています。

 ジェネラリスト、スペシャリストを問わず、時代が求めているのは、自ら考え自ら動く、優れた判断能力を持った看護師です。Aナーシングは、臨床からキャリアまで幅広いテーマの情報発信を通じて、そんな自律した看護師の「知りたい」「学びたい」を応援します。

〜三つの特徴〜

  • 医師向けメディアとして40年の歴史を持つ「日経メディカル」プロデュースの充実した臨床コンテンツ。現場で今すぐ役立つ臨床ノウハウを、タイムリーに発信します。
  • 厚生行政、業界のトレンドを網羅したニュース・リポート。医療界の「今」を伝えます。
  • キャリアアップやマネジメントなど、看護師の生き方・働き方にフォーカスした情報もお届けします。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス
  2. 刻みのり集団食中毒の原因は「新型ノロ」 乾燥に強いノロウイルス、加熱調理しない刻みのりに付着
  3. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ
  4. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  5. 昼休憩が苦痛なナースたち 小林光恵の「ほのぼのティータイム」
  6. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策
  7. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」
  8. 『抗菌薬適正使用の手引き』の具体案まとまる 抗微生物薬の適正使用等に関する作業部会で了承
  9. 2017年も梅毒流行続く、2カ月連続で前年上回る パンデミックに挑む:トピックス
  10. インフルエンザと思う人に迅速検査や薬は必要か 木川英の「救急クリニック24時」