Aナーシングとは?

 Active(活動的な)、Advanced(高度な)、Autonomous(自律的な)――。Aナーシングは、三つの「A」をコンセプトにした看護師向け情報サイトです。

 高齢化や医師不足、在宅医療の推進など、医療界を取り巻く状況がめまぐるしく変化する中、高い知識と技能を持った看護師の活躍に期待が寄せられています。専門看護師や認定看護師の有資格者数は着実に増えており、専門性の高いケアを診療報酬上で評価する動きも出てきました。さらに国は、高度な医行為(特定行為)を行うための看護師の研修制度の創設も進めています。

 ジェネラリスト、スペシャリストを問わず、時代が求めているのは、自ら考え自ら動く、優れた判断能力を持った看護師です。Aナーシングは、臨床からキャリアまで幅広いテーマの情報発信を通じて、そんな自律した看護師の「知りたい」「学びたい」を応援します。

〜三つの特徴〜

  • 医師向けメディアとして40年の歴史を持つ「日経メディカル」プロデュースの充実した臨床コンテンツ。現場で今すぐ役立つ臨床ノウハウを、タイムリーに発信します。
  • 厚生行政、業界のトレンドを網羅したニュース・リポート。医療界の「今」を伝えます。
  • キャリアアップやマネジメントなど、看護師の生き方・働き方にフォーカスした情報もお届けします。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」
  2. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは?
  3. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考
  4. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」
  5. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  6. 救えなかった「冷や汗」の症例 木川英の「救急クリニック24時」
  7. 「SSIは起こってもしょうがない」はウソ! わかる!院内感染対策
  8. 鎮痛・鎮静の指針開発し、過鎮静が激減 学会トピック◎第18回日本救急看護学会学術集会
  9. 職員のもめ事対応に幾多の失敗経験を生かす はりきり院長夫人の“七転び八起き”
  10. 感染性胃腸炎、例年より2週間早く流行入り 今シーズンのノロ流行株は従来型や新型ではない「GII.2」