Aナーシングとは?

 Active(活動的な)、Advanced(高度な)、Autonomous(自律的な)――。Aナーシングは、三つの「A」をコンセプトにした看護師向け情報サイトです。

 高齢化や医師不足、在宅医療の推進など、医療界を取り巻く状況がめまぐるしく変化する中、高い知識と技能を持った看護師の活躍に期待が寄せられています。専門看護師や認定看護師の有資格者数は着実に増えており、専門性の高いケアを診療報酬上で評価する動きも出てきました。さらに国は、高度な医行為(特定行為)を行うための看護師の研修制度の創設も進めています。

 ジェネラリスト、スペシャリストを問わず、時代が求めているのは、自ら考え自ら動く、優れた判断能力を持った看護師です。Aナーシングは、臨床からキャリアまで幅広いテーマの情報発信を通じて、そんな自律した看護師の「知りたい」「学びたい」を応援します。

〜三つの特徴〜

  • 医師向けメディアとして40年の歴史を持つ「日経メディカル」プロデュースの充実した臨床コンテンツ。現場で今すぐ役立つ臨床ノウハウを、タイムリーに発信します。
  • 厚生行政、業界のトレンドを網羅したニュース・リポート。医療界の「今」を伝えます。
  • キャリアアップやマネジメントなど、看護師の生き方・働き方にフォーカスした情報もお届けします。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究
  3. クオールの処方箋付け替え問題を耳にして 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  4. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景
  5. ペーパーバッグ再呼吸法を全否定してよいのか? 医学と看護の交差点でケアを考える
  6. 新人職員が突然の無断欠勤、音信不通に… 薬局なんでも相談室
  7. 日薬会長「薬剤師倫理にもとる許しがたい行為」 トレンド(DIオンライン)
  8. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4)
  9. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話
  10. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」