Aナーシングとは?

 Active(活動的な)、Advanced(高度な)、Autonomous(自律的な)――。Aナーシングは、三つの「A」をコンセプトにした看護師向け情報サイトです。

 高齢化や医師不足、在宅医療の推進など、医療界を取り巻く状況がめまぐるしく変化する中、高い知識と技能を持った看護師の活躍に期待が寄せられています。専門看護師や認定看護師の有資格者数は着実に増えており、専門性の高いケアを診療報酬上で評価する動きも出てきました。さらに国は、高度な医行為(特定行為)を行うための看護師の研修制度の創設も進めています。

 ジェネラリスト、スペシャリストを問わず、時代が求めているのは、自ら考え自ら動く、優れた判断能力を持った看護師です。Aナーシングは、臨床からキャリアまで幅広いテーマの情報発信を通じて、そんな自律した看護師の「知りたい」「学びたい」を応援します。

〜三つの特徴〜

  • 医師向けメディアとして40年の歴史を持つ「日経メディカル」プロデュースの充実した臨床コンテンツ。現場で今すぐ役立つ臨床ノウハウを、タイムリーに発信します。
  • 厚生行政、業界のトレンドを網羅したニュース・リポート。医療界の「今」を伝えます。
  • キャリアアップやマネジメントなど、看護師の生き方・働き方にフォーカスした情報もお届けします。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」
  2. 「急いでいるんだよ!」と患者さんに言われて 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  3. オペ室マジック 病院珍百景
  4. 自己注射針の不適切廃棄、新幹線内に年170件 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会
  5. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く
  7. 声かけで最も大切なこととは? 病院珍百景
  8. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが…
  9. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
  10. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法