Aナーシングとは?

 Active(活動的な)、Advanced(高度な)、Autonomous(自律的な)――。Aナーシングは、三つの「A」をコンセプトにした看護師向け情報サイトです。

 高齢化や医師不足、在宅医療の推進など、医療界を取り巻く状況がめまぐるしく変化する中、高い知識と技能を持った看護師の活躍に期待が寄せられています。専門看護師や認定看護師の有資格者数は着実に増えており、専門性の高いケアを診療報酬上で評価する動きも出てきました。さらに国は、高度な医行為(特定行為)を行うための看護師の研修制度の創設も進めています。

 ジェネラリスト、スペシャリストを問わず、時代が求めているのは、自ら考え自ら動く、優れた判断能力を持った看護師です。Aナーシングは、臨床からキャリアまで幅広いテーマの情報発信を通じて、そんな自律した看護師の「知りたい」「学びたい」を応援します。

〜三つの特徴〜

  • 医師向けメディアとして40年の歴史を持つ「日経メディカル」プロデュースの充実した臨床コンテンツ。現場で今すぐ役立つ臨床ノウハウを、タイムリーに発信します。
  • 厚生行政、業界のトレンドを網羅したニュース・リポート。医療界の「今」を伝えます。
  • キャリアアップやマネジメントなど、看護師の生き方・働き方にフォーカスした情報もお届けします。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. 看護師にしかできない仕事 じたばたナース
  2. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  3. 在宅医療へ移行した癌患者が退院当日に自殺 「医学と看護の交差点でケアを考える」
  4. 「看護師」としての言葉 じたばたナース
  5. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く
  6. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」
  8. わたしのルール じたばたナース
  9. 傍観者 じたばたナース
  10. 人が死ぬ理由 じたばたナース