超高齢社会を迎えた日本が抱える課題に「患者さんにやさしい」をキーワードにソリューションを提供

医療が患者さんに近づく、そして誰もがレベルの高い医療を受けられる仕組みをつくる

超高齢化そして医師不足の中、どのようにして地域の医療資源の最適化を図るのか? 誰もが大病院に行くスタイルでは、もはややっていけない。患者さんを最初に診る医師とより専門的な医師、看護師、介護士などとの多職種間連携や、医療機関と介護施設などの施設間連携が不可欠だ。いつでもどこでも誰もが質の高い医療が受けられるように、そしてそこから得られる安心を享受するために、プライマリ・ケアは重要な役割を担っている。

患者さんを総合的に診るさまざまな職種、医療機関、施設をつなぐ

多田荘一郎
超音波本部
本部長

――なぜ今プライマリ・ケアが注目を集めているのですか? そもそもプライマリ・ケアとはどのようなものなのでしょうか?

プライマリ・ケアにはさまざまな定義があり、携わる医師に関しても家庭医、在宅医、総合医などいろいろな呼び方があります。GEヘルスケア・ジャパンではプライマリ・ケアを救急、在宅、訪問ととらえ、患者さんが最初に触れる医師、もしくは一番近いところで診る医師がプライマリ・ケアの医師だと考えています。

プライマリ・ケアが注目される背景には、高齢化があります。高齢者になると体調が悪化したとき、自由に動いて大きな病院に行くことが難しくなりますよね。また、医師の不足も大きな問題です。地域における不足はもちろん、小児科、産婦人科、救急、在宅などの分野の医師不足は深刻です。こうした状況の中、いつでもどこでも誰もが質の高い医療を受けられる仕組みをつくることは大変重要です。そのためにプライマリ・ケアは重要な役割を担っています。

プライマリ・ケアの医師はこれまでのように臓器や疾病だけを中心とするのではなく、患者さんを総合的に診ます。そしてより深い専門知識を持つ医師、さらには看護師、保健師、介護士などさまざまな職種の方々とつながっています。そうした多職種間連携、医療機関連携、施設間連携を行うところが、プライマリ・ケアの大きな特徴です。

――地域医療におけるプライマリ・ケアの役割とは?

患者さんをまずプライマリ・ケアの医師が診て、より専門的医療を受ける必要があれば適切な病院に紹介し、退院後は病院や介護施設などと協力しながら、個々人としての患者さんを長期間にわたって診ていきます。プライマリ・ケアだけで完結するのではなく、地域におけるチーム医療が重要です。

従来からかかりつけ医の必要性が叫ばれてきましたが、それは診療所と病院、病院と病院をつなぐ「線」としての連携でした。プライマリ・ケアは医療機関だけでなく、介護施設などの施設や、さまざまな職種の方々をつなぎます。さらには患者さんのご家族も、私たちのようにヘルスケアのソリューションを提供する会社もつなぎます。つまり「線」ではなく、地域という「面」をつくることで、その地域に存在する医療資源を最大限に活用することができるのです。

――プライマリ・ケアの浸透に必要なものとは?

まずは医療機器です。高機能、高性能を追求することはとても大切ですが、そのようなベクトルとは別に、どこにでも持ち運べていつでも誰でも使うことのできるユーザビリティに優れた機器開発も重要です。そのような機器は特に往診、在宅、救急などの分野で大きな力を発揮します。GEヘルスケアは、390gの軽量でポケットサイズの携帯型超音波診断装置を世界中で販売していますが、総販売台数の約3割を日本が占めています。そして日本での販売台数の約5割が、在宅医療や訪問医療で活用されています。手軽に持ち運ぶことができ、バッテリー駆動のため、いつでもどこでも使うことができます。超音波の大きな特徴は、リアルタイムに見ることができるということです。例えば、自分の症状を訴えられない患者さんの体内をスキャンし、その画像を見せることで患者さん自身も患者さんのご家族も安心します。この体内の「見える化」をいつでもどこでも行え、「安心」を与えられることがこの装置の特徴であり、プライマリ・ケアの役割でもあります。

プライマリ・ケアの医師に対する適切な情報提供や、教育コンテンツの提供も重要です。プライマリ・ケアに携わる医師はとても忙しく、医学情報や機器に関する最新情報を収集するために学会に参加する時間がなかなかとれません。そこで私たちは、医師の方々が必要とする情報を素早く効率的に手に入れられるようWeb構築やソーシャルメディアの活用に取り組んでいます。また、プライマリ・ケアには深く幅広い知識が必要です。医師の方々の学びへの意欲は非常に高く、そうしたニーズに応えるため、私たちはe-Learningのコンテンツ提供を行っています。優れた教育コンテンツを提供することで、総合的に診ることができるレベルの高い医師育成に貢献できます。これは日本におけるプライマリ・ケアを確立する上で重要なポイントだと思っています。

いつでもどこでも誰もが安心して利用できる医療を実現

――プライマリ・ケアはケア・エリア、ヘルスケアITとどのように協働していますか?

例えばプライマリ・ケアで肝臓疾患の患者さんを診て、さらに高度な医療が必要なとき、そうした医療が受けられる病院を紹介します。そのときケア・エリアが肝臓疾患に対して提供するソリューションが大きな役割を果たします。そしてその病院での治療が終われば、再びその患者さんをプライマリ・ケアで診ていくことになります。

プライマリ・ケアでは地域のさまざまな職種の方々、さまざまな医療機関や施設がつながり、情報をスムーズに共有することが大切です。つなぐためのインフラを提供するのがヘルスケアITです。プライマリ・ケアはケア・エリア、ヘルスケアITと協力しながら、地域の医療資源利用の最適化を実現していきます。

――今後プライマリ・ケアが目指していくものとは?

まずは「つなぐ」ということ。さまざまな職種と職種をつなぐ、医療機関と医療機関、医療機関と施設などをつなぐ。

そして「医療が患者さんに近づいていく」ということ。例えば、大病院に行かなくても高いレベルの医療が受けられるようになること。例えばプライマリ・ケアの医師が患者さんのパートナーになって、適切な医療機関や治療法を一緒に選んでいくこと。例えば患者さんの体内を超音波診断装置で見て、その画像によって患者さんと患者さんの家族に安心してもらうこと。

もう1つのキーワードが「死生観」です。どんなに医療技術が進歩しても死を避けることはできません。自分はどこでどのように死にたいのか? 最期をどのように迎えたいのか? そのためにどのような医療を望むのか? こうしたことを決めるのは医師でも病院でもなく、あくまで患者さん本人です。高齢化が進む中、患者さんが自分の死生観を持つべきときが来たと思います。私たちもそうした患者さん中心の考え方、死生観を意識した上でのソリューション開発を行っていきます。

いつでもどこでも誰もが高いレベルの医療が受けられるということ。そこから得られる「安心」が、これまで以上に求められていると思います。そうした信頼される医療の仕組みを実現する上で、プライマリ・ケアの果たす役割はますます大きくなっていくでしょう。

コンテンツ

  • healthymagination day 2012レビュー
  • 社長インタビュー
  • ケア・エリア
  • プライマリ・ケア
  • ヘルスケアIT

INDEX

  • 患者さんを総合的に診るさまざまな職種、医療機関、施設をつなぐ
  • いつでもどこでも誰もが安心して利用できる医療を実現