超高齢社会を迎えた日本が抱える課題に「患者さんにやさしい」をキーワードにソリューションを提供

healthymagination day 2012レビュー

2012年10月23日、「healthymagination day 2012: Building Japan Model Together」が東京国際フォーラムで開催されました。John Dineen GEヘルスケア プレジデント兼CEOによる開会の挨拶、三村申吾青森県知事、加藤益弘アストラゼネカ会長の基調講演の後、5人のプライマリ・ケアの医師によるパネルディスカッションが行われました。医療の現状と課題、超高齢社会における新しいモデル構築の必要性、具体的な取り組みやソリューションなどについて、幅広い意見が交換され、提言がなされました。シンポジウムには医療関係者、報道関係者に加え、医学生も多数参加し、活発な質疑応答が行われました。

続きはこちら

GEヘルスケア・ジャパンが日本に根をおろして30年。現在、healthymagination(ヘルシーマジネーション)を日本で実現するための戦略、Silver to Goldに全力で取り組んでいる。高齢化社会へのソリューションをどのように生み出し、日本の医療を変えていくのか? そのための3本の柱「ケア・エリア」「プライマリ・ケア」「ヘルスケアIT」はそれぞれどのように動き、どう連携しているのか? GEヘルスケア・ジャパンの他社にはない特徴と今後目指していくものとは? 10月23日に開催されるhealthymagination day 2012に先がけて、川上社長にインタビューを行った。

続きはこちら

ケア・エリア

高齢化に伴い重要度を増す疾患領域(ケア・エリア)においては、病気になりそうな兆候を見つけ、発症そのものを遅らせる、もしくは初期の段階で発見し治療する「早期診断、早期介入」が大切だ。それによって患者さんのQOLを高め、医療コストを抑制することができる。また非侵襲的な治療や快適性を考えた「患者さんにやさしい」というキーワードも重要。この2つのキーワードをもとに高齢化社会へのソリューションを提供し、日本の医療を変えていく。

続きはこちら

プライマリ・ケア

超高齢化そして医師不足の中、どのようにして地域の医療資源の最適化を図るのか? 誰もが大病院に行くスタイルでは、もはややっていけない。患者さんを最初に診る医師とより専門的な医師、看護師、介護士などとの多職種間連携や、医療機関と介護施設などの施設間連携が不可欠だ。いつでもどこでも誰もが質の高い医療が受けられるように、そしてそこから得られる安心を享受するために、プライマリ・ケアは重要な役割を担っている。

続きはこちら

ヘルスケアIT

高齢化による慢性疾患の増加に伴い、複数の医療機関、施設間の連携がより重要になってきた。特にデータのスムーズな交換と共有は医療の効率化を実現する上で欠かせない。ヘルスケアITはケア・エリア、プライマリ・ケアを横断的に結びつけ、クラウドをはじめとするテクノロジーを駆使してイノベーションを起こすことで、医療の最適化と患者さん本位の医療を実現していく。

続きはこちら

コンテンツ

  • healthymagination day 2012レビュー
  • 社長インタビュー
  • ケア・エリア
  • プライマリ・ケア
  • ヘルスケアIT