■知っておきたい「がんの検査」|部位別・がんの検査

 ここでは、がんの種類ごとに、「どの段階で」「どんな検査が」行われるかを、一覧で見ることができます。がんを見つけるための検診から、がんが疑われる際に行われる精密検査、治療後の定期検査に至るまで、順を追って、「なぜその検査が必要なのか」も含めて、分かりやすく解説していきます。がんの検査について知るうえでの、足がかりとしてお役立てください(「がんの検査の流れ」を読んでから、ここをご覧になると、より分かりやすくなると思います)。

 一つひとつの検査内容については、ここでは詳しく触れていませんが、全体の流れが頭に入っていれば、医師の話も理解しやすくなります。また、より詳しく知りたい部分も、明らかになってくるでしょう。参考になりそうなサイトも、いくつかご紹介していますので、必要に応じてご自身で調べ、理解を深めていただければと思います。

 
   
   
[お断り]
実際の検査は、必ずしもここで解説している通りに行われるとは限りません。特に画像診断では、検査装置の設置状況などにより、他の検査で代用される場合がありますが、「何を調べたいのか」といった検査の目的は、基本的に同じです。分からないことがあったら、必ず医師に確認しましょう。