商品名、キーワードなどで検索できます。
絞り込み検索したい場合は半角スペースを開けて複数の単語を入力してください。




























※読者特価について
一般価格よりお得な価格(5%〜20%程度割引)でお求めいただけます。
「日経メディカル」「日経ヘルスケア」「日経ドラッグインフォメーション」いずれかの雑誌を有料で年間予約購読いただいている方が対象です。お申し込みには「
購読者番号」が必要となります。



日経DIクイズ 18

■日経ドラッグインフォメーション 編
■B5判、184ページ
■2016年12月2日発行
定価:5,076円(税込み)
"患者から信頼される"服薬指導に生かすためのスキルが満載。最新の治療指針や新薬情報とともに、実践的ノウハウをクイズ形式で学びましょう。全60題を収録し、解説も新たにアップデート。クイズを解きながら、服薬指導スキルが無理なく身に付きます。
詳しい内容とお申し込みはこちら




ポリファーマシー解決!虎の巻

■青島 周一 著、日経ドラッグインフォメーション 編
■B5判、224ページ
■2016年10月3日発行
定価:5,292円(税込み)
「多剤併用」への対応を、薬局でありがちなケースを基に学びます。気になるポイント抽出から始まり、医師への処方提案に至るまで、薬物療法の最適化を解説。ポリファーマシーを通して、患者のための薬物治療を支援する専門家を目指します。
詳しい内容とお申し込みはこちら




日経DIクイズ 循環器疾患篇

■日経ドラッグインフォメーション 編
■B5判、192ページ
■2016年8月12日発行
定価:5,076円(税込み)
高血圧/不整脈/虚血性心疾患/心不全など、循環器疾患に特化した、初のDIクイズ疾患篇。病態生理と治療指針のキホンを学び、その服薬指導や疑義照会のコツをクイズ形式で理解します。循環器疾患の患者指導に自信がつく、手近に置きたい一冊です。
詳しい内容とお申し込みはこちら




新版 薬の相互作用としくみ

■杉山 正康 編著
■B5判、728ページ
■2016年6月7日発行
定価:13,500円(税込み)
薬物相互作用を系統立てて学べる、他に類をみない実践テキストです。全面改訂版の発行から約3年半、新薬(約80成分)の相互作用はもちろん、最新の添付文書改訂情報も反映させて、大幅に刷新した「新版」です。この一冊で、相互作用をまるごと習得できます。
詳しい内容とお申し込みはこちら




薬局実務実習指導パーフェクトマニュアル 第3版

■トライアドジャパン 編
■A4判、492ページ
■2016年5月17日発行
定価:23,760円(税込み)
薬学生への教育・指導ノウハウのみならず、実習生への演習課題も数多く収録し、指導薬剤師を強力にサポート。第3版では、2016年春の調剤報酬改定の内容を反映。さらに付録として、「実習生ノート」が1冊付きます。薬局実務実習の必需書です。
詳しい内容とお申し込みはこちら




次世代薬剤師 虎の巻

■庵原 伸也、堀 哲也 監修、日経ドラッグインフォメーション 編 
■B5判、314ページ
■2015年12月21日発行
定価:5,184円(税込み)
地域薬局での薬学生・薬剤師教育の実践参考書。地域に根ざし、多職種と連携する"地域密着型"薬剤師が求められる昨今、北海道の先駆的事例として、期待される薬剤師像に応えるための実務実習のあり方を紹介。対人業務の実習事例は大いに参考に。
詳しい内容とお申し込みはこちら




治療薬インデックス2016

■笹嶋 勝 監修、日経ドラッグインフォメーション 編
■B6変型判、808ページ
■2015年12月21日発行
定価:3,996円(税込み)
医療用医薬品 約1500品目の効果・効能、用量・用法、分類などの基本情報を網羅した、究極のポケット医薬品辞典。白衣のポケットには、この一冊。薬局で取り扱う医薬品なら、気になる項目のカンタン下調べに重宝します。
詳しい内容とお申し込みはこちら




二代目薬剤師が薬局を滅ぼす

■近藤 剛弘 著
■四六判、272ページ
■2015年11月24日発行
定価:2,484円(税込み)
カッコいい薬剤師からのラストメッセージ! なぜ今、二代目がダメなのか。地域密着型薬局を目指して、点数よりも地域のウケに敏感になるべき。未来を担う薬剤師たちへ、薬剤師の心構えや経営ノウハウ、これからの薬局像を語る。
詳しい内容とお申し込みはこちら




日経DIクイズ BEST 100

■笹嶋 勝 監修、日経ドラッグインフォメーション 編 
■B5判、224ページ
■2015年10月26日発行
定価:6,156円(税込み)
"なるほど!こう説明すれば、患者さんに安心してもらえそうだ。"
「日経DIクイズ」の決定版、登場!押さえておきたい厳選100題を、内容アップデートして集大成。服薬指導に役立つ実践知識と、患者への説明ノウハウを無理なく学べます。
詳しい内容とお申し込みはこちら




日経DIクイズ 17

■日経ドラッグインフォメーション 編
■B5判、160ページ
■2015年9月24日発行
定価:5,076円(税込み)
クイズで取り上げるテーマには、日頃の服薬指導に生かせる実践的知識が満載です。患者の質問に適切に対処するには、十分な知識に加え、わかりやすい説明を行う技能の習得が必要です。服薬指導や疑義照会に役立つ、学びがいのあるノウハウ集です。
詳しい内容とお申し込みはこちら




副作用症状のメカニズム 虎の巻

■大津 史子 著、日経ドラッグインフォメーション 編
■B5判、304ページ
■2015年6月23日発行
定価:6,264円(税込み)
患者がいつもと違う症状を訴えたら、それが服用中の薬剤副作用かもしれない。そのアンテナ感度を高め、副作用症状を引き起こすメカニズムを熟知しておくことが肝要だ。副作用の早期発見から適正な薬物療法へと、患者をサポートするためにマストな一冊です。
詳しい内容とお申し込みはこちら




新薬まるわかり2015
[14年4月〜15年2月発売の新薬]

■東京大学大学院 薬学系研究科 育薬学講座、医薬品ライフタイムマネジメントセンター 著、澤田 康文 監修
■四六判、280ページ
■2015年5月25日発行
定価:2,700円(税込み)
新薬のまるわかり解説が早くも登場。新薬の処方箋チェック、疑義照会、服薬指導を実践するためのポイントを、具体事例を使ってわかりやすく詳解。日常業務に不可欠な新薬情報をコンパクトにまとめています。澤田先生からの一言アドバイスも好評です。
詳しい内容とお申し込みはこちら




医師・薬剤師のための 漢方のエッセンス

■幸井 俊高 著 
■A5判、248ページ
■2015年4月20日発行
定価:3,996円(税込み)
症例からひもとく、漢方薬の最適処方をわかりやすく簡潔にアドバイス!
「病名」「症状」「生薬」「中医学用語」の索引が充実していますので、さまざまな角度から調べやすい、日常診療に便利なガイドブックです。漢方薬を扱う医師・薬剤師には必携。
詳しい内容とお申し込みはこちら




「OTCメディケーション」虎の巻 第3版

■泉澤 惠 監修・執筆 / 日経ドラッグインフォメーション 編 
■B5判、392ページ
■2014年12月24日発行
定価:5,940円(税込み)
症状の見極め方や成分特性を薬効群別に解説。主要450製品をカラー写真で紹介します。
2014年6月の法改正を受け、2011年3月発行の改訂版を全面改訂し【第3版】としてリニューアル! OTC解説書の決定版。
詳しい内容とお申し込みはこちら




日経DIクイズ16

■日経ドラッグインフォメーション 編
■B5、160ページ
■2014年10月6日発行
定価:本体4,700円+税 商品番号 233300
「日経ドラッグインフォメーション」誌で大好評連載中の「日経DIクイズ」を1冊にまとめた書籍シリーズの第16弾。

日経DI 薬剤師なかなか聞けない医師の処方意図の解説と、患者さんに伝わる服薬指導を凝縮した「日経DIクイズ」。
処方意図の読み解きや服薬指導のコツを、テーマごとにQ&A形式でコンパクトにまとめました。 服薬指導のスキルアップに最適です。
詳しい内容とお申し込みはこちら




日経DI 薬剤師「心得」帳
在宅輸液療法への取り組み方
「自宅で過ごしたい」その思いに薬剤師ができること


■HIP研究会
■4-6、280ページ
■2014年9月22日発行
定価:本体2,000円+税 商品番号 233510
日経DI 薬剤師「心得」帳シリーズの第5弾。
在宅医療の重要性が説かれ、薬局薬剤師にも在宅チーム医療に参加することが求められている今、改めて薬剤師が在宅医療に取り組んできた歴史を振り返り、薬剤師が関わる在宅医療のあるべき姿と、これからを展望する。
在宅輸液療法や癌患者の在宅緩和ケアなどに関わる際の、テクニックから精神論までが包括的に学べる一冊。
詳しい内容とお申し込みはこちら




日経DIクイズ ベストセレクション STANDARD篇

■笹嶋 勝 監修、日経ドラッグインフォメーション 編
■B5、220ページ
■2014年6月30日発行
定価:本体5,500円+税 商品番号 231250
好評既刊「日経DIクイズ」1巻〜10巻から、標準的な問題を100題厳選、内容をアップデートして掲載しました(一部書き下ろし)。
実務現場のケーススタディをQ&A形式でわかりやすく解説します。若手の基礎学習からベテランの知識の再確認まで、薬剤師必携の1冊。BASIC篇とともにご活用ください。

●クイズ100題
●薬剤名、疾患名索引
詳しい内容とお申し込みはこちら



日経DI 薬局虎の巻シリーズ6
ステップ式で漏れなく説明「服薬指導のツボ」虎の巻
【改訂版】

■杉山 正康 編著
■B5、440ページ
定価:本体5,600円+税 商品番号 225370
2013年12月16日発行
≫≫≫ 2009年に発売し好評だった「服薬指導のツボ」虎の巻を改訂。
≫≫≫ 取り上げる疾患を6種類追加して頁数も130頁以上増え、大幅にパワーアップしました!

疾患別に、服薬指導のツボ(ポイント)を分かりやすく解説。 ステップ1から4を順に読み進めれば、漏れなく一連の服薬指導ができます。

Step1 「禁忌疾患の確認」→Step2「併用薬・飲食物・嗜好品の確認」→Step3「病識・薬識を持たせる」→Step4「注意事項(副作用など)を説明」を順に解説。患者に分かりやすい表現を使った「説明例」を数多く提示し、明日からすぐに役立つ“言い回し”が満載です。

「日経ドラッグインフォメーション Premium」の好評連載「達人に学ぶ 服薬指導のツボ」(2006年4月〜2009年2月連載)を再編集し、内容を増補しました。連載時に誌面の都合で割愛したポイントも復活。また、Step2「相互作用」は内容を一新。機序別に分類しました。

さらに、付録として患者にそのまま見せて服薬指導ができる【フルカラーイラスト集】がついて、服薬指導にすぐに活用いただけます。薬剤師必携の一冊です。

◆薬局でよく遭遇するメジャーな24疾患をピックアップしました。
(★はこの改訂版で新たに掲載された疾患です。)

かぜ症候群/インフルエンザ★/副鼻腔炎/帯状疱疹/水虫/花粉症/ 成人気管支喘息/脂質異常症(高脂血症)/高血圧/2型糖尿病/虚血性心疾患★/高尿酸血症・痛風/メニエール病/骨粗鬆症/甲状腺機能異常症/前立腺肥大症/過活動膀胱★/消化性潰瘍/便秘★/緑内障/睡眠障害★/認知症★/パーキンソン病/うつ病




日経DIクイズ15
■日経ドラックインフォメーション 編
■B5、160ページ
定価:本体4,700円+税 商品番号 222310
2013年9月17日発行
シリーズ累計24万部突破、「日経DIクイズ」シリーズの第15弾! 薬剤師は、処方箋に書かれた単なる薬物療法のレシピから、なぜ医師はそれを選択したのかを読み取り、患者さんには安心して薬を飲んでもらうための情報を上手に伝えなければいけません。なかなか聞けない医師の処方意図の解説と、患者さんに伝わる服薬指導が1冊に凝縮された「日経DIクイズ」。処方意図の読み解きや服薬指導のコツを、テーマごとにQ&A形式でコンパクトにまとめました。忙しい薬剤師にぴったりです。好評既刊「日経DIクイズベストセレクション BASIC篇」や「日経DIクイズ1〜14」とあわせて、ぜひご活用ください。

【日経DIクイズ】
日経DI 2012年10月号から2013年8月号に掲載した「日経DIクイズ」(服薬指導/医薬連携/疑義照会)43題に書き下ろしの12題を追加し、全55題を収録。実務に直結するさまざまなクイズが盛りだくさん。服薬指導のスキルアップと、最新情報へのアップデートにお役立てください!

 ◆抗菌薬が処方される日数への疑問
 ◆併用薬により処方量が変わる抗てんかん薬
 ◆不妊治療にパーキンソン病薬!?
 ◆乾癬治療のピラミッド計画とは
 ◆リウマトレックスの1回量が増えた際の注意点
 ◆キネダックが食前服用である理由
 ・・・ほか

【症例に学ぶ医師が処方を決めるまで】
実際の処方例を通して、経験やエビデンスを基にした処方に至るまでの考え方、患者の経過と処方の変化など、その勘所を分かりやすく解説。薬物治療の内容だけにとどまらず、診断基準や薬物療法以外の治療、患者への声掛けのフレーズなど、薬剤師が知っておきたい周辺知識についても盛り込みました。各疾患5ページずつ、丁寧に解説した充実の内容です。

 ◆緑内障 ◆アレルギー性鼻炎 ◆慢性便秘 ◆排尿障害 ◆ディスペプシア

【特別収録】
浸透しつつある処方箋の1回量併記についてのトレンドと、パートナーである医師から見た薬剤師の姿について調査し、まとめた記事も掲載しました。

 ◆広がる! 処方箋の1回量併記 ◆医師にとって薬剤師ってどんな存在?




日経DI 薬剤師「心得」帳4
どんぐり式 薬局副作用学のススメ 
「まず疑え」から始めよ

■菅野 彊 著
■4-6、264ページ
定価:本体2,000円+税 商品番号 222320
2013年9月24日発行
薬剤師として、現場で使える薬学理論を広めることに尽力してきた菅野彊氏が、自身の薬剤師人生を振り返りつつ、自ら展開してきた、副作用を早期に発見するためのワザ(副作用機序別分類)や薬物動態学など、薬局薬剤師に必要な知識と知恵を伝授します。

薬学的な知識をどう服薬指導に生かしたらよいのかと悩む薬剤師にとって、明日からの仕事の仕方が変わる考え方や工夫が満載。また、菅野氏の薬剤師人生、人となりが伝わる、一冊です。




カッコいい薬剤師の調剤作法DVD
■講師:近藤 剛弘、監修:上村 直樹、企画:日経ドラッグインフォメーション
■DVD1枚、約50分
価格:本体5,600円+税 商品番号 220690
2013年7月22日発行
薬剤師の重要な業務の1つである「調剤」。本DVDでは、日経DIで10年以上にわたって「カッコいい薬剤師」シリーズのコラムを執筆してきた近藤剛弘氏が、正確かつ迅速に(そして愛情を込めて)調剤を行うための「カッコいい調剤作法」を伝授するとともに、理想とするカッコいい薬剤師道を熱く語ります。薬学生から若手・中堅、指導的立場にある薬剤師まで、カッコいい薬剤師を目指す全ての人にとって必見です。

●調剤技術のポイントを動画で分かりやすく学べる!
●教科書には載っていない調剤のコツが満載!
●「カッコいい薬剤師の心得10カ条」で、薬剤師としてのモチベーションもアップ!




日経DIクイズ ベストセレクション BASIC篇
■笹嶋 勝 監修、日経ドラッグインフォメーション 編
■B5、224ページ
定価:本体5,500円+税 商品番号 218660
2013年6月17日発行
創刊号から続く大人気連載「日経DIクイズ」から、基本的なQ&Aをセレクトした書籍が、ご要望にお応えしてついに誕生!

「日経DIクイズ」1巻〜10巻から、より基本的な問題を100題厳選して収録。既に絶版となっているシリーズ1巻〜4巻からは45題をセレクト、内容をアップデートして掲載しました。実務現場のケーススタディをQ&A形式でわかりやすく解説します。

日経DIクイズシリーズの入門書として最適です。また、若手の基礎学習からベテランの知識の再確認まで、薬剤師必携の1冊です。




日経DI 薬局虎の巻シリーズ7
薬剤師の視点を連携に生かす「在宅アセスメント」虎の巻
■早川達 監修、日経ドラッグインフォメーション 編
■B5、376ページ+別冊付録28ページ
本体:本体5,600円+税 商品番号 218640
2013年6月17日発行
在宅現場で困ることが多い心身状況(問題領域)別に、「薬剤師向けアセスメントシート」を使ったアセスメント方法を解説する、薬局薬剤師向けの“虎の巻”です。

問題領域ごとに、「初期アセスメント」と3つの「2次アセスメント」(生活習慣、疾患、くすり)を1枚の「アセスメントシート」に記載。シートに従ってチェックしていけば、漏れなくアセスメントができます。

本書は全編書き下ろしです。「アセスメントシート」は、監修者の早川氏と、在宅に力を入れている調剤薬局チェーンのシップヘルスケアファーマシー東日本(2013年3月に社名変更、旧社名は仙台調剤)が2年前から共同開発しているもので、シートの作成と執筆はシップヘルスケアファーマシー東日本の薬剤師が担当しています。

目次はこちらから




100の事例に学ぶ調剤過誤防止
ヒューマンエラーの7分類
■林 絋司 著
■A5、192ページ
定価:本体3,500円+税 商品番号 218650
2013年5月20日発行
調剤薬局最大手のアインファーマシーズ(本社札幌市)で開発され、2008年より運用を開始している調剤過誤管理システムPREM−S(Pharmacy Risk Error Management System)で収集された、同社の調剤薬局で実際にあった調剤過誤報告を徹底分析。ヒューマンエラーには背後要因として7つ(「システム」「コミュニケーション」「思い込み」「焦り」「確認もれ」「知識不足」「薬剤管理」)あることを突き止めました。

本書は、具体的な100例の調剤過誤事例を紹介すると同時に、調剤工程の5段階(「受付・入力」「初期鑑査」「薬剤調製」「最終鑑査」「薬剤交付」)のそれぞれで、7つの背後要因がどのように関与しているのかを解説しました。

目次はこちらから




育薬セミナーBASIC
―学びなおしたい薬剤師のための研修教材―

—本書で学習後、テストに合格すると、認定薬剤師の研修受講単位を取得できます
■東京大学大学院薬学系研究科、NPO法人医薬品ライフタイムマネジメントセンター 著
■DVD-ROM3枚+B5版テキスト632ページ
価格:本体14,000円+税 商品番号 213420
2012年11月26日発行
調剤業務ですぐに役立つ知識を基本から解説!
薬剤師の生涯学習のための教材。現場で不可欠な知識・技能・態度を学べるwebの教育プログラムを編集して収録しました。 DVDの映像と、分かりやすいテキストで、薬剤師に必須の知識の習得・整理に役立つ教材です。患者への服薬指導や医師への疑義照会の手順はもちろん、薬物動態のメカニズムについても分かりやすく学べます。薬局で扱うことが多い薬剤に関して、幅広く取り上げています。
全12回の講座の各回は、それぞれ「処方箋チェック・疑義照会のマネジメント」「一般調剤のリスクマネジメント」「Pro.Sawadaの服薬ケア・トレーニング」「薬物動態・はじめの一歩」「カレントDI」「クローズアップDI」の6パートから構成されています。 第7回と第12回は、医薬品情報の調べ方をテーマにした講演(スクーリング)の模様を収録しました。

目次はこちらから




日経DIクイズ14
■日経ドラックインフォメーション 編
■B5、160ページ
定価:本体4,700円+税 商品番号 212780
2012年10月9日発行
シリーズ累計23万部突破、「日経DIクイズ」シリーズの第14弾。
薬局・薬剤師向け月刊誌「日経ドラッグインフォメーション」(日経DI)に大好評連載中の「日経DIクイズ」に書き下ろしを加えて書籍化しました。
計56問の「日経DIクイズ」(服薬指導/医薬連携/疑義照会)に加え、第一線の臨床医が実際の処方例を通して、処方の流れとそこに至るまでの考え方を薬剤師向けに分かりやすく解説する「症例に学ぶ医師が処方を決めるまで」6本を収録しました。

目次はこちらから




日経DI 薬剤師「心得」帳3
長崎P-ネット式在宅事始め 訪問薬剤管理指導
はじめの一歩と次への一歩

■長崎薬剤師在宅医療研究会(P-ネット) 編
■4-6、204ページ
定価:本体2,000円+税 商品番号 197310
2012年4月23日発行
「在宅になったら薬剤師が来てくれる―」。一般の人がそう思う社会になってほしい。
医薬分業が広がって「薬は薬局でもらうもの」という意識が定着してきたように。

長崎市内の30薬局で年間500人超の訪問薬剤管理指導を応需するP-ネット。その成り立ちから現状までを、関係者へのインタビューで紹介します。

2012年調剤報酬改定でも重点評価された「薬局薬剤師による訪問指導」を始めるための実践的ノウハウが満載。
また、訪問指導を指示する医師からも高い評価を受けている秘密とは?・・・長崎在宅Dr.ネットの医師による座談会で、その実態を明らかにします。

全国の調剤薬局に関わる方、必携の一冊です。

目次はこちらから




薬局・薬剤師のための実践!!法律講座
薬局の悩み・トラブルを解決
■小林郁夫 監修・執筆 / 日経ドラッグインフォメーション 編
■B5、296ページ
定価:本体4,500円+税 商品番号 195810
2011年12月19日発行
弁護士で薬剤師でもある著者が、分かりやすく解説。日経DIで2004年から2007年まで連載していた好評連載「薬剤師のための法律講座」を全編(40 編)収録。連載時の「テーマとなるエピソードを説明する漫画+小林弁護士による法律解説」という構成はそのまま、法改正に対応し、内容を刷新しました。

また、現在も連載中の「薬局なんでも相談室」の中から、法律関係の相談と回答(30編)も収録。さらに、日経DIに掲載した調剤事故関連の記事7本を再録しました。

現場の悩みやトラブルの解決に役立つ実践情報を満載した、薬局、薬剤師必携の一冊です!

目次はこちらから




ストックリー医薬品相互作用ポケットガイド 第2版
■Karen Baxter 編 / 澤田 康文 監訳 / 日経メディカル 監修
■B6変、656ページ
定価:本体4,700円+税 商品番号 194610
2011年10月31日発行
よく使う薬の主な副作用は覚えていても、他科で投与される薬との相互作用まで覚えるのは困難です。そこで本書をご活用ください。薬の飲み合わせなら、すべてこの一冊で。医師・薬剤師・医療関係者必携のポケットガイドです。

■主な薬品グループと医薬品の相互作用は1500種類以上
相互作用に関するエビデンスのサマリーと対処法をコンパクトに解説。医薬品と 食品、飲料、ハーブなどの相互作用についても紹介。
■相互作用の聞きエンドを4段階で評価し、アイコンで表示
■一般名はカナ表記し、調べやすい50音順に整理。巻末に国内で販売されている商品名との対応表も掲載。




日経DIクイズ13
■日経ドラッグインフォメーション 編
■B5、168ページ
定価:本体4,700円+税 商品番号 194600
2011年10月12日発行
お待たせしました!「日経DIクイズ」が今年も登場です。薬局・薬剤師向け月刊誌「日経ドラッグインフォメーション」(日経DI)に大好評連載中の「日経DIクイズ」に書き下ろしを加えて書籍化した第13弾。

第一線の臨床医が実際の処方例を通して、処方の流れとそこに至るまでの考え方を薬剤師向けに分かりやすく解説する「症例に学ぶ 医師が処方を決めるまで」と「日経DIクイズ」全60題を収録しました。

【症例に学ぶ医師が処方を決めるまで】
実際の処方例を通して、経験やエビデンスを基にした処方に至るまでの考え方、患者の経過と処方の変化など、その勘所を分かりやすく解説。薬物治療の内容だけにとどまらず、診断基準や薬物療法以外の治療、患者への声掛けのフレーズなど、薬剤師が知っておきたい周辺知識についても盛り込みました。各疾患5ページずつ、丁寧に解説した充実の内容です。

【日経DIクイズ】
日経DIに掲載した47題に書き下ろしの13題を追加し、全60題を収録。新薬や添付文書改訂、後発医薬品をテーマにしたクイズが盛りだくさん。服薬指導のスキルアップと、最新情報へのアップデートにお役立てください!

目次はこちらから




ヒヤリハット事例に学ぶ 
服薬指導のリスクマネジメント4
■澤田康文 著
■A5、296ページ
定価:本体3,500円+税 商品番号 193500
2011年8月29日発行
服薬指導のリスクマネジメント」(2005年発行) 「服薬指導のリスクマネジメント2」(2008年発行) 「服薬指導のリスクマネジメント3」(2010年発行) に続く人気シリーズの4作目。

3作目と同様、リスク回避のための服薬指導のコツを学べる「ヒヤリハット事例」100件に加え、患者さんのよくある勘違いや、驚きの生活習慣などを集めた「ショートエピソード」を100件掲載。これまでにはなかった新しい事例を惜しみなく収録しました。より多くの事例に触れることで、患者のよくある勘違い、癖、生活習慣などを知り、トラブルの減少につなげることができます。

著者の澤田氏の元に全国の薬剤師から寄せられた実例は、薬局薬剤師なら誰でも遭遇し得る可能性があります。トラブルが起こった原因を時系列で解析し、未然に防ぐための回避法を提示しました。事例の最後には、口語体による服薬指導例を付け、より実地で役に立つ内容に仕上げています。

ぜひ、シリーズ1〜4セットで、実際に起きたヒヤリハット事例をより多く知り、背景や原因からトラブルの回避法を学んでください。

目次はこちらから




前二作同様、リスク回避のための服薬指導のコツを学べる「ヒヤリハット事例」に加え、本作では新たに、患者さんのよくある勘違いや、驚きの生活習慣などを集めた「ショートエピソード」を100件追加。後発医薬品にまつわるヒヤリハット事例も重点的に収録。
目次はこちらから




「選ばれる薬局」になるために
調剤薬局運営パーフェクトマニュアル改訂版


■アインファーマシーズ 編
■A4、504ページ
定価:本体19,000円+税 商品番号 188290
■2011年1月29日発行

調剤薬局の運営ノウハウを体系的に解説し、大好評をいただいた『調剤薬局運営パーフェクトマニュアル』を、5年ぶりに全面改訂しました。「後発医薬品」「在宅医療」「一般用医薬品」「在庫管理」など、初版にはなかった新しい章を追加し、100頁超の大幅増ページになりました。
本書の購入者は、「服薬情報提供書」「麻薬譲り受け証」「特定生物由来製品管理簿」など、約30種類の薬局業務関連書類の様式(ひな型)を、WordやExcelなどのファイルでインターネットからダウンロードすることができます。
目次はこちらから




日経DIクイズ12

■日経ドラッグインフォメーション編
■B5判、160ページ
価格:本体4,700円+税 商品番号 188300
■2010年10月12日発行

薬局・薬剤師向け月刊誌「日経ドラッグインフォメーション」(日経DI)に大好評連載中の「日経DIクイズ」を書籍化した第12弾。
第一線の臨床医が実際の処方例を通して、処方の流れとそこに至るまでの考え方を薬剤師向けに分かりやすく解説する「症例に学ぶ 医師が処方を決めるまで」(全6本)と『日経DI』2009年10月号から2010年9月号に掲載したクイズ(Premium版掲載分=1号あたり2 題)48題に、新たに書き下ろした12題を追加した「日経DIクイズ」(全58題)を収録。
目次はこちらから




185940
日経DI 薬剤師「心得」帳2
溝部式 薬局「超」整理法 添付文書を上手に捨てる方法、教えます
■溝部啓子 著
■4-6、258ページ
定価:本体2,000円+税 商品番号 187020
■2010年8月30日発行

第一線で活躍中の薬局薬剤師に、『日経DI』がロングインタビュー。薬剤師という仕事を楽しむための「心得」を、読みやすい話し言葉で紹介。豊富なエピソードを、実体験に基づく熱い思いとともにお伝えします。明日からの業務が楽しくなる、目からのウロコの「金言」が満載。
薬局にはなじみの薄い「業務改善」の旗振り役として活躍している著者が、薬局の業務改善にチャレンジするにあたっての考え方や注意点、そして整理術を伝授する。
<著者>溝部啓子(みぞべ ひろこ) →株式会社ファーコス 薬局管理室室長。1979年昭和薬科大学卒業。病院勤務、薬局勤務を経て、株式会社ファーコスに入社。2004年に現場を離れ、教育研修などの管理業務に従事。2009年から現職。





184610
基本疾患篇
慢性疾患篇
日経DI 薬局虎の巻シリーズ4
POS薬歴がすぐ書ける
「薬歴スキルアップ」虎の巻 専門疾患篇
■早川 達 監修
 /日経ドラッグインフォメーション編
■B5判、272ページ
定価:本体4,000円+税 商品番号 185130
■2009年11月23日発行
「日経ドラッグインフォメーション Premium」で好評のうちに終了した「疾患ごとに学ぶPOS薬歴管理」。その連載をまとめた「薬歴スキルアップ」虎の巻シリーズ 全3部作の完結篇がついに登場!
この病気では患者に何を聞けばいいの?」「薬歴には何を書くべき?」「どうやれば上手にアセスメントできる?」・・・ 
シリーズ3部作「基本疾患篇」「慢性疾患篇」「専門疾患篇」を使いこなせば、日常業務で出会うほとんどの疾患(36疾患)について、POS薬歴管理に必要な知識とノウハウを習得できます。

本書で取り上げている疾患は以下の12疾患です。
●慢性腎臓病(CKD) ●前立腺肥大症 ●不整脈 ●過敏性腸症候群 ●市中肺炎 ●パーキンソン病 ●慢性閉塞性肺疾患(COPD) ●過活動膀胱 ●心不全 ●膵炎 ●めまい ●尿路感染症
目次はこちらから




184610
日経DI 薬局虎の巻シリーズ2
その薬を出す前に   
「処方せんチェック」虎の巻 改訂版 上巻
<上巻>
■澤田 康文 監修・執筆/日経ドラッグインフォメーション編
■B5判、520ページ
定価:本体5,700円+税 商品番号 184610
■2009年11月2日発行
日経DIのベストセラー書籍『「処方せんチェック」虎の巻』を大幅に増ページした全面改訂版。前作の328頁から、今回の改訂版では上下巻合わせて約900頁へとボリュームアップしました。医薬品情報をアップデートし、新薬にも対応、またチェックポイントを細分類し、より実用的な構成になりました。好評の「疑義照会 実践例」も大幅に追加しました。問題のある処方せんを漏れなくチェックするためのポイントを紹介。対象となる薬剤を一覧表で掲載するほか、それぞれに、実例に基づく「疑義照会 実践例」を収録しました。薬剤師必読の一冊です。
目次はこちらから




184710
日経DI 薬局虎の巻シリーズ2 
その薬を出す前に  
「処方せんチェック」虎の巻 改訂版 下巻
<下巻>
■澤田 康文 監修・執筆/日経ドラッグインフォメーション編
■B5判、516ページ
定価:本体5,700円+税 商品番号 184710
■2009年11月2日発行
日経DIのベストセラー書籍『「処方せんチェック」虎の巻』を大幅に増ページした全面改訂版。前作の328頁から、今回の改訂版では上下巻合わせて約900頁へとボリュームアップしました。医薬品情報をアップデートし、新薬にも対応、またチェックポイントを細分類し、より実用的な構成になりました。好評の「疑義照会 実践例」も大幅に追加しました。問題のある処方せんを漏れなくチェックするためのポイントを紹介。対象となる薬剤を一覧表で掲載するほか、それぞれに、実例に基づく「疑義照会 実践例」を収録しました。薬剤師必読の一冊です。
目次はこちらから




184750
日経DIクイズ11
特別収録:よくある適応外処方トップ100
■日経ドラッグインフォメーション編
■B5判、176ページ
価格:本体4,700円+税 商品番号 184750
■2009年10月19日発行
薬局・薬剤師向け月刊誌「日経ドラッグインフォメーション」(日経DI)に大好評連載中の「日経DIクイズ」を書籍化した第11弾。
第一線の臨床医が実際の処方例を通して、処方の流れとそこに至るまでの考え方を薬剤師向けに分かりやすく解説する「症例に学ぶ 医師が処方を決めるまで」(全6本)と『日経DI』2008年10月号から2009年9月号に掲載したクイズ(Premium版掲載分=1号あたり2 題)48題に、新たに書き下ろした5題を追加した「日経DIクイズ」(全53題)を収録。
また、医師・薬剤師1200人への調査で適用外 処方の実態が明らかになった『日経DI』2009年9月号の特集「適応外処方2009」を、巻末に全ページ掲載。さらに本誌では掲載できなかった詳細データ「よくある適応外処方トップ100」「薬効別適応外処方一覧」も特別収録しています。
目次はこちらから




基本疾患篇
専門疾患篇
日経DI薬局虎の巻シリーズ4
POS薬歴がすぐ書ける
「薬歴スキルアップ」虎の巻
【慢性疾患篇】
■早川 達 監修/日経ドラッグインフォメーション編
■B5判、272ページ
定価:本体4,000円+税 商品番号 181250
2008年12月22日発行
 好評書籍「薬歴スキルアップ虎の巻 基本疾患篇」に続く第2弾。
 患者にどのような質問を投げかけて薬学的な問題点(プロブレム)を引き出せばよいか、そしてその問題点にどう対応していけばよいのかーー。
  12の代表的な慢性疾患についての基礎知識に加え、来局患者に対してチェックすべきポイントと、そこから導き出されるプロブレム例を具体的に提示。
【取り上げている12の慢性疾患】●高尿酸血症・痛風●甲状腺機能異常症●骨粗鬆症●慢性肝炎●不眠症●頭痛●貧血●潰瘍性大腸炎・クローン病●腰痛症●更年期障害●中耳炎・副鼻腔炎●てんかん




慢性疾患篇
専門疾患篇
日経DI薬局虎の巻シリーズ4
POS薬歴がすぐ書ける
「薬歴スキルアップ」虎の巻
【基本疾患篇】
■早川 達 監修/日経ドラッグインフォメーション編
■B5判、252ページ
定価:本体4,000円+税 商品番号 165860
2006年5月15日発行
患者にどのような質問を投げかけて薬学的な問題点(プロブレム)を引き出せばよいか、そしてその問題点にどう対応していけばよいのか--。日常的に遭遇する12種類の疾患の基礎知識と、初回患者、再来患者に質問すべきチェックポイント、そこから導き出された問題点への対応策を具体的に提示。POS(Problem Oriented System:問題志向型システム)に基づく薬歴作成のコツを簡潔に習得できる薬歴スキルアップのための実践書です。
目次はこちらから




日経DIクイズ 服薬指導・実践篇10
■日経ドラッグインフォメーション編
■B5判、164ページ
定価:本体4,667円+税 商品番号 179940
2008年10月14日発行
日経DIに好評連載中の「日経DIクイズ」書籍版、第10弾。
日経DIクイズ60題
患者との対話を題材にしたクイズを読み解くうちに自然と臨床薬学知識や服薬指導法が身に付きます。「スタチンの服用意義を尋ねる脂質異常症女性」「肺癌患者に漢方薬が処方された理由」「モルヒネの依存性を心配する患者家族」などを掲載。
日経ドラッグインフォメーション2007年10月号から2008年9月号に掲載した48題(うち24題は有料版「日経ドラッグインフォメーションPremium」のみに掲載)に新たに書き下ろした12題を収載しています。
症例に学ぶ「医師が処方を決めるまで」
第一線の臨床医が「かぜ症候群」「花粉症」「頭痛」「緑内障」「パーキンソン病」「虚血性心疾患」の処方例を通して、処方の流れとそこに至るまでの考え方を薬剤師向けに解説。
特典 別冊索引集
「日経DIクイズ 服薬指導・実践篇5〜10」に掲載したすべてクイズを網羅した、診療科別・疾患別の索引が付いています。




服薬指導のリスクマネジメント
服薬指導のリスクマネジメント3
服薬指導のリスクマネジメント4
ヒヤリハット事例に学ぶ
服薬指導のリスクマネジメント2
■澤田 康文 著/
日経ドラッグインフォメーション編
■A5判、296ページ
定価 :本体3,429円+税  
商品番号 178190
2008年7月22日発行
澤田康文先生著の大好評書籍の第2弾です。前作同様、不十分・不適切な服薬指導が原因となり、実際に起きた「ヒヤリハット事例」と薬学的知識に基づき、ミスを回避するために必要な指導のコツや指導例を解説しています。患者さんは薬剤師の思いもよらない行動をする場合があることを認識する一冊です。
目次はこちらから




服薬指導のリスクマネジメント2
服薬指導のリスクマネジメント3
服薬指導のリスクマネジメント4
ヒヤリハット事例に学ぶ
服薬指導のリスクマネジメント
■澤田 康文 著/
日経ドラッグインフォメーション編
■A5判、280ページ
定価:本体3,429円+税 
商品番号 163270
2005年8月29日発行
「服薬指導におけるヒヤリハット事例の原因を分析し、どうリスクを回避すべきかを示す“服薬リスクマネジメント”の実践書です。
著者が独自に全国の薬剤師から収集した「ヒヤリハット事例」の中から、服薬指導の内容に問題があった事例を123件紹介。
事例ごとに、なぜミスが起こったかその原因を一つひとつ分析し、患者に正しく薬を服用してもらうための指導のコツや具体的な指導例を解説しています。
目次はこちらから




日経DIクイズ 服薬指導・実践篇9
■日経ドラッグインフォメーション編
■B5判、164ページ
定価 :本体4,667円+税 商品番号 171170
2007年10月9日発行
日経DIに好評連載中の「日経DIクイズ」書籍版、第9弾。
日経DIクイズ60題
患者との対話を題材にしたクイズを読み解くうちに自然と臨床薬学知識や服薬指導法が身に付きます。「インフルエンザに処方された漢方薬」「熱性痙攣を引き起こすかぜ薬の成分とは」「高血糖のため抗不整脈在が変更された患者」などを掲載。
日経ドラッグインフォメーション2006年10月号から2007年9月号に掲載した48題(うち24題は有料版「日経ドラッグインフォメーションPremium」のみに掲載)に新たに書き下ろした12題を収載しています。
症例に学ぶ「医師が処方を決めるまで」
第一線の臨床医が「小児のアトピー性皮膚炎」「慢性閉塞性肺疾患」「統合失調症」「慢性肝炎」「目まい」「脳梗塞」の処方例を通して、処方の流れとそこに至るまでの考え方を薬剤師向けに解説。
特典 別冊索引集
「日経DIクイズ 服薬指導・実践篇5〜9」に掲載したすべてクイズを網羅した、診療科別・疾患別の索引が付いています。
目次はこちらから





日経DI薬局虎の巻シリーズ1
これだけはチェック!
「患者インタビュー」虎の巻 改訂版
■堀 美智子 監修/日経ドラッグインフォメーション編
■B5判、464ページ
定価:本体6,476円+税 商品番号 169200
2007年4月2日発行
患者から必要な情報をいかに引き出し服薬指導に活かすか。
大好評をいただいた初版に約120ページを追加、最新の薬剤情報を反映、増補して大幅リニューアルした改訂版です。
投薬時に“これだけはチェック!”すべきポイントを78の薬効別に解説しています。
今回の改訂にあたり、6薬効群のチェックポイントを新たに追加、薬物相互作用を大幅増補、OTC・サプリメントとの相互作用の項目を新設しました。
目次はこちらから




日経DIクイズ 服薬指導・実践篇8
■日経ドラッグインフォメーション編
■B5判、152ページ
定価:本体4,571円+税 商品番号 167100
2006年10月10日発行
日経DIに好評連載中の「日経DIクイズ」書籍版、第8弾。
日経DIクイズ50題
患者から薬剤師への質問をベースに、質問に関する重要なポイントをQ&A方式で出題。第一線の薬剤師が疾患の基礎知識から服薬指導法までを解説します。「抗生物質とキャベジンの相互作用」「メタボリックシンドロームに処方されたARB」「褥創に対する外用剤の正しい塗り方」など50題を掲載。
症例に学ぶ「医師が処方を決めるまで」
第一線の臨床医が「不整脈」「過敏性腸症候群」「癌性疼痛」の処方例を通して、処方の流れとそこに至るまでの考え方を薬剤師向けに解説。
これだけは押さえたい!「高齢者への服薬指導」のツボ
若年者とは薬物動態が異なり薬剤師の説明に対する理解度も低下した高齢者に対し的確な服薬指導を行うためのポイントを提示。
目次はこちらから




日経DIクイズ 服薬指導・実践篇7
■日経ドラッグインフォメーション編
■B5判、148ページ
定価:本体4,571円+税 商品番号 163570
2005年10月11日発行
日経DIに好評連載中の「日経DIクイズ」書籍版、第7弾。
日経DIクイズ55題
患者から実際に受けそうな質問を基にクイズ55問を掲載。第一線の薬剤師が処方せんの正しい読み方から、服薬指導の仕方までを解説します。「小児の下剤と混合可能な飲み物とは」「仮面高血圧に処方されたARB」「コエンザイムQ10と相性の良い薬剤とは」など55題を掲載。
症例に学ぶ「医師が処方を決めるまで」
第一線の臨床医が「アレルギー性鼻炎」「高血圧症」「排尿障害」「うつ病」の処方例を通して、処方の流れとそこに至るまでの考え方を薬剤師向けに解説。
目次はこちらから




日経DIクイズ 服薬指導・実践篇6
■日経ドラッグインフォメーション編
■B5判、152ページ
定価:本体4,571円+税 商品番号 160170
2004年9月21日発行
日経DIに好評連載中の「日経DIクイズ」書籍版、第6弾。
日経DIクイズ50題
患者から実際に受けそうな質問を基にクイズ50問を掲載。第一線の薬剤師が処方せんの正しい読み方から、服薬指導の仕方までを解説します。
どう話す?どこまで話す?「指導が難しい薬」の服薬指導
服薬指導が難しい4つの薬剤を取り上げ、その服薬指導のポイントを第一線の臨床医が解説。
症例に学ぶ「医師が処方を決めるまで」
第一線の臨床医が実際の処方例を通して、処方の流れとそこに至るまでの考え方を薬剤師の視点に立って解説。
目次はこちらから




日経DIクイズ 服薬指導・実践篇5
■B5判、152ページ
■日経ドラッグインフォメーション編
定価:本体4,571円+税 商品番号 157070
2003年10月6日発行
日経DIに好評連載中の「日経DIクイズ」書籍版、第5弾。
日経DIクイズ50題
患者から実際に受けそうな質問を基にクイズ50問を掲載。第一線の薬剤師が処方せんの正しい読み方から、服薬指導の仕方までを解説します。
服薬指導にすぐに役立つ「臨床薬物動態学」活用術
服薬指導に密接に関係する8つの“疑問”を検討しながら、臨床薬物動態学の実践的な使い方を紹介します。
症例に学ぶ「医師が処方を決めるまで」
第一線の臨床医が実際の処方例を通して、処方の流れとそこに至るまでの考え方を薬剤師の視点に立って解説。
目次はこちらから