商品名、キーワードなどで検索できます。
絞り込み検索したい場合は半角スペースを開けて複数の単語を入力してください。

























※読者特価について
一般価格よりお得な価格(5%〜20%程度割引)でお求めいただけます。
「日経メディカル」「日経ヘルスケア」「日経ドラッグインフォメーション」いずれかの雑誌を有料で年間予約購読いただいている方が対象です。お申し込みには「
購読者番号」が必要となります。


医療ミスを防ぐ技術
■Kevin Barraclough ほか 著、竹本 毅 訳 
■B5判、216ページ
■2017年5月22日発行
価格:5,832円(税込み)
総合診療医の診療ミスとして、医療訴訟の場に登場する病態は決して多くない。虫垂炎、足虚血、くも膜下出血、肺塞栓など、訴訟の95%を占める40症例を専門医と法律家の視点から徹底分析。誤診に至る医師の思い込み、"認知の罠"を回避する術も紹介。




総合内科BASIC
■マック・メディカル・アカデミー・コーポレーション 制作・著作
■DVD22巻(全79.5時間)、書籍2冊(B5判、1600ページ)
■2017年4月14日発行
価格:465,000円(税込み)
名医たちの臨床推論力に近づくための実践的思考を、わかりやすく伝授。初期診療で知っておくべき対応手順を網羅した、実臨床に即役立つ解説が満載。総合診療を目指して基礎を再確認したい、総合内科医としての臨床推論力を磨きたい方には最適です。




精神科病院で人生を終えるということ
■東 徹 著
■四六判、258ページ
■2017年3月13日発行
定価:3,780円(税込み)
精神科単科病院の「身体合併症病棟」がどのような場所で、患者がどう生き、そして死んでいくのか。精神科疾患を有する人の日常や精神科医療の実際など、終末期医療における課題を描き出す。精神科以外の医療関係者にこそ読んでもらいたい。




内科臨床シナリオクイズ
■Conrad Fischer 著、日経メディカル 編
■A5判、578ページ
■2016年11月28日発行
定価:5,400円(税込み)
内科疾患の診断と治療に関する基礎と応用力を、全100症例のクイズを解き進めながらチェックしよう! 治療を行い、検査をオーダーする順序、検査結果にどう対処するのかを、具体的な症例シミュレーションに沿って、楽しみながら再確認するには最適です。




見逃してはいけない血算
■岡田 定 著
■A5判、244ページ
■2016年9月5日発行
定価:4,212円(税込み)
血算は、"臨床検査のバイタルサイン"です。見逃しやすい血算の具体例を使って、読み解き方を学び、臨床所見や血算から鑑別診断へと即反応できる診断力を鍛えます。これだけは覚えておきたい、ポケット版カード[血算データ早見表]付き。




読む技術 〜論文の価値を見抜くための基礎知識
■トリーシャ・グリーンハーフ 著、日経メディカル 編
■A5判、292ページ
■2016年6月22日発行
定価:4,320円(税込み)
エビデンスに基づく医療(EBM)の実践入門書。要点を把握して、四則計算ができれば、優れた論文は見分けられます。一読すれば、NEJM、JAMA、BMJ、Lancetなど、医学雑誌の掲載論文がどのくらい重要な研究なのかが、わかるようになります。




症例に学ぶ 内科診療UPDATE
■マック・メディカル・アカデミー・コーポレーション 制作・著作
■DVD6枚(全16.5時間)、書籍1冊(B5判、288ページ)
■2015年12月21日発行
価格:220,000円(税込み)
臨床医として身につけておきたい、診療の幅を広げる症例検討DVD。自己流に陥ることなく、専門以外の他科目でも、経験不足を補うためにも、基本的なところから実際にどう診断を下していくのかをQ&A形式に沿って考えます。学び直しにも有用です。




医療事故を減らす技術
■Robert M.Wachter 著、日経メディカル 編
■B5判、374ページ
■2015年11月9日発行
定価:6,480円(税込み)
優秀でモラルの高い医療従事者でも、人間である限り、ミスをゼロにはできないことが再認識されています。では、どんな状況下でどういうタイプのミスが? その解決策として役立つものは? 医療の安全性に対する、数多くの研究成果からヒントを導きます。




グローバル感染症 −必携70疾患のプロファイル
■日経メディカル 編
■A5判、256ページ
■2015年8月31日発行
定価:2,916円(税込み)
いつなんどき遭遇するかもしれない可能性がある、感染症70疾患に対峙するための最新プロファイル集。サインを見落とさない診断ポイントや、予防策の基本と日進月歩の治療法などを、疾患別に解説しています。




カンファレンスで学ぶ 臨床推論の技術
■野口 善令(名古屋第二赤十字病院 副院長) 監修、日経メディカル 編
■A4変型判、220ページ
■2015年6月15日発行
定価:4,104円(税込み)
日本で名だたる、先進的な卒後教育における臨床推論カンファレンスを再現。本書を読み進むうちに、エキスパート医師たちの診断思考フレームをのぞき見ることができ、臨床推論の勘どころから、効率的な問診の考え方、確定診断の進め方が身につきます。




考える技術 臨床的思考を分析する 第3版
■スコット・スターン、アダム・シーフー、ダイアン・オールトカーム 編、竹本 毅 訳
■B5判、788ページ
■2015年6月15日発行
定価:7,560円(税込み)
全面刷新した第3版。[出血性疾患]、[排尿痛]、[血尿]、[低血圧]、[咽頭痛]を新たに追加。経験の少ない医師は、いかに勉強すれば、名医たちの臨床推論能力に早く近づけるのか?そのための合理的アプローチを分析した結果が、ここにあります。




難解な症例を推理せよ!
名医からの挑戦状
■James C. Pile、Thomas E. Baudendistel、Brian Harte 編、徳田 安春 監訳
■A5判、240ページ
■2015年5月7日発行
定価:5,400円(税込み)
日常診療やカンファレンスはもちろん、臨床推論能力を高めるためには、エキスパート医師の推論ケーススタディーから得られる知識が有益です。本書は、Journal of Hospital Medicine誌の好評連載「Clinical Care Conundrum」から厳選した、診断エラーを減らすために繰り返し読みたい一冊。重要ポイントは、推論医師の思考過程にあるコモンな疾患診断を共有して分析できるところです。





医療訴訟のここがポイント
注目判例に学ぶ医療トラブル回避術2
■日経メディカル 編
■A5、(約)350ページ
価格:4,104円(税込み) 商品番号 234700
2015年1月13日発行
53判例の内容と教訓を一挙紹介。
説明不足、記録の不備、疾病見落とし… 紛争の芽を摘み、解決に導く術がわかる!
好評既刊・医療訴訟の「そこが知りたい」とあわせて、ぜひご活用ください。
目次はこちらから




プライマリ・ケア医に贈るパール563
■Lawrence M. Tierney, Jr. 、Sanjay Saint、Mary A. Whooley 著/松村正巳 監訳
■A5、612ページ
定価:本体5,500円+税 商品番号 218730
2014年9月24日発行
ローレンス・ティアニー教授らが、内科を中心にプライマリケアで 遭遇する疾患の特徴をまとめたクリニカル・パール集。
目次はこちらから




プライマリ・ケア医のための心房細動入門
■小田倉 弘典 著
■A5、288ページ
定価:本体3,500円+税 商品番号 228390
2014年3月31日発行
心房細動診療を「リスクマネージメント」としてとらえ、抗凝固療法の意思決定や進め方を豊富なエビデンスと共に解説した入門書。
目次はこちらから




良医となるための100の道標
 〜研修医諸君! 本音で「医道(いのみち)」を語ろう〜

■西野 徳之 著
■4-6、416ページ
定価:本体2,800円+税 商品番号 228400
2014年3月18日発行
医療という大海原に飛び込む研修医に、親として、兄として、友として、本音で語りかける、良医となるための「100の金言集」。研修医・指導医・医学生必携!
目次はこちらから




聞く技術 答えは患者の中にある 第2版
■マーク・ヘンダーソン/ローレンス・ティアニー/ジェラルド・スメタナ 編、山内豊明 監訳
■B5、696ページ
定価:本体6,000円+税
2013年11月05日発行
患者の訴えを聞き、病歴を聴取して、コミュニケーション技術だけでどこまで診断に貢献できるかを論理的に説明。発熱、咳、腹痛など、ある症状を訴える患者からどんな情報を聞き出せばよいのか、筋道を立てて質問を選ぶ方法を説明します。

◎特定の症状を訴える患者について、最も確率の高い疾患は何か?
◎珍しい疾患だが、重大な結果につながるので見逃してはいけない疾患は何か?
◎合理的に診断するために、どんな質問で絞り込んでいけばよいのか?

を分かりやすく解説します。




ハグレ医者
臨床だけがキャリアじゃない!

■メディファーム 編著
■4-6、220ページ
定価:本体2,000円+税
2013年9月24日発行
臨床以外の道に進んだ30〜40代の医師8人が、そもそも医療を志した動機やきっかけ、現在の仕事を選択した思いをつづる。医師のスキルを生かせば、医療経営、ベンチャー、行政、新薬開発など、他の多くの分野で成功できる可能性があることを、ユニークなエピソードを交えて紹介。




カンファレンスで学ぶ  診断力向上の「極意」
■徳田安春 監修
聖路加国際病院内科チーフレジデント/日経メディカル 編集
■B5判、202ページ
定価:本体4,700円+税
2010年10月04日発行
病歴と身体所見でここまでわかる! 一流の極意をあますことなく伝授

病歴聴取法などプライマリケアの実践的スキルや、最終診断に至るまでのラーニングポイントを詳解。具体的なデータや画像を交えて、読みやすい形式にまとめました。
DVDには2症例(約130分)のカンファレンス(群星沖縄臨床研修センター長 宮城征四郎氏、亀田ファミリークリニック館山院長 岡田唯男氏)を収録。迫力あるディスカッションは必見です。




医療訴訟の「そこが知りたい」
注目判例に学ぶ医療トラブル回避術
日経メディカル 編
A5、288ページ
定価:本体3,800円+税
2010年6月28日発行
医療訴訟のトレンドは、医療技術の変遷、医療提供体制の変化などの影響を受け、刻々と変わっていきます。2000年代は患者の権利意識の高まりなどにより、訴訟リスクが増大し、それが医療崩壊の一因となりました。
本書は、数多くの医事紛争にかかわってきた経験豊富な弁護士7人が、47例に上る判例を詳しく解説、この10年の医療訴訟のトレンドや紛争への対応策を探りました。さらに、今後普及が期待される裁判外紛争解決(ADR)についても詳述。訴訟リスクが深刻化する中、その予防策を考えるヒントが満載です。




JAMA版 論理的診察の技術
■原著: 「JAMA evidence The Rational Clinical Examination」
  Evidence-Based Clinical Diagnosis
David L. Simel 、 Drummond Rennie 著/竹本毅 訳
A4変型判、752ページ
定価:本体7,600円+税
2010年5月24日発行
米国医師会雑誌(JAMA)の好評連載をまとめたJAMAエビデンスシリーズの集大成

臨床医が遭遇する様々な診察場面を想定し、その時点で行うべき検査や判断の合理性を実際のデータを元に徹底追求。同じテーマを扱った世界中の英語論文を検索し、発表されたデータから感度・特異度・尤度比を計算して求め、どのような診察方法や検査方法が診断を確定するのに貢献するか、あるいは逆に特定の病気を否定することができるか論理的に確率を突き止めていく。