日経メディカルブックス第2弾「がん患者さんの心と体の悩み解決ガイド」も好評発売中です。

病院によってがん診療の質に大きな格差がある現状のなかで、患者さんがより良い医療を受けるためのガイドになるようにテーマを選定しました。患者さんが必要としており、納得して医療を選ぶために重要な情報を提供することを重視しました。
患者さん本人のみならず、患者さんの配偶者、家族、友人などもいっしょに読むことで、情報を共有し、意識をあわせ、ともにがんと闘う気持ちをもてるようになることを目指しました。
各テーマに関して、その分野の専門家や、多くのがん患者さんをサポートしている経験がある方に、話を聞きました。
各テーマの重要なポイントを外さないようにしながら、要点をできるだけコンパクトかつ平易に整理してお届けします。
個条書きと図版を使い、患者の視線から分かりやすくまとめました。
全国の主要がん病院にアンケートを実施し、病院を選ぶ際に役立つ情報を掲載しました。

59人の専門家が、あなたの状況に応じてテーマ別にアドバイス
テーマ別にどこからでも読んでください。どんながんの患者さんでも自分に関連しそうなトピックがいくつか見付かるはずです。
個条書きの闘病のコツが、合計342カ条
テーマごとに実際に役立つコツ3〜10点を個条書きで示しました。ここだけ通して読むのも、ひとつの活用法です。
闘病に役立つ参考資料は、のべ305点
もっと詳しく知りたいときのために、各テーマに5点の参考資料をつけました。さらに知識を深めるための架け橋となります。

・病院や医師の選び方 自分なりの物差しを持とう
・セカンドオピニオン 最適な医師・治療選びに活用を
・代替療法との付き合い方 冷静に考え医師にも知らせましょう
・お金の悩み対処法 制度フル活用で乗り切ろう
がんのライフコース(進行度合い)すべてにわたるサポート
がんがすんなりと治癒すれば好ましいことですが、がんはどのような転機に向かうか予測がつかないところがあります。がんがどちらに進んでもできるだけ対応できるよう、幅広いがんのステージ(病期・段階)を網羅しました。

⇒初期(がんと言われたら)
第1章:知っておきたい基礎知識
⇒全般
第2章:標準治療のエッセンス
第3章:闘病の味方を知る
第4章:「こころ」の動きの対処法
⇒再発・進行期
第5章:進行がんと生きる
⇒終末期
第6章:残された時間を過ごす
標準治療ガイドライン
第2章に、がん10種類別の標準的な治療について、ガイドラインを基に国立がんセンターの第一線医師が監修した「標準治療のエッセンス」を掲載しました。

標準治療のエッセンス 肺がん
全国主要がん病院(116施設)のデータを収録
手術件数、抗がん剤が使える医師・放射線治療の専門医・緩和ケアチームの有無、情報開示スタンスなど、55項目にわたる調査を実施。病院の選定に役立つデータ集としてご活用いただけます。

PDFファイルをご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
ここからダウンロードしてご利用ください。

Copyright (c)2007 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.