インフォメーション



トップページ

   



ご案内

日経ヘルスケアとは
送付先住所変更
広告のご案内

日経ヘルスケア関連サイト

ヘルスケア・アーキテクチュア



日経メディカル オンライン
書籍・映像商品のご案内
日経BP書店
nikkei BPnet
日経BP
日経BP社Q&A





地域連携元年
相互不信乗り越え、目指すは“本物の面連携”

2008年度に、都道府県の医療計画に「医療連携体制」を明記する方針が固まり、医療機関は、診療機能の開示と疾患別の連携体制構築への対応を迫られることになった。
 地域連携は、ともすれば「形は作れど機能せず」というパターンに陥りがちだ。2年後の改革に備え、医療機関は今、何をすべきか。先進事例の取り組みからその答えを探った。

■Part 1 医療計画見直しの影響度
キーワードは「患者の目」
問われるネットワークの中身
■Part2 連携拡充へ動く現場
注目の4事例に見る
患者の視点の取り入れ方
企業・健保にノウハウを売る
●馬場記念病院(大阪府堺市)
介護事業者を「パートナー登録」
●竹田綜合病院(福島県会津若松市)
「連携パス」で継続フォロー
●池尻医院ほか(大阪府箕面市)
7開業医で在宅24時間連携
●高の原中央病院(奈良市)
開業医に毎週自院の情報配信


ベテランコンサルタント覆面座談会
あの医院が流行らない理由


2006年は、診療報酬のマイナス改定もあり、診療所も、本格的な優勝劣敗の時代に突入しそうだ。場数を踏んだコンサル4人に"負け組”診療所の問題点をズバリ指摘してもらった。


在宅医療を強力に支援するために
有床診でショートステイ、ホスピス実施


(株)メディヴァ代表取締役
大石 佳能子

「患者視点での医療変革」を旗印に多数の病医院の経営コンサルティングを手がける(株)メディヴァは、(株)ベネッセスタイルケアが運営する有料老人ホームにテナントとして入る有床診療所の経営支援をスタートした。メディカルショートステイやホスピスといった新コンセプトを導入する有床診の概要や、同社の今後の事業展開について聞いた。


    詳報 政府・与党「医療制度改革大綱」
官邸主導で取りまとめ 診療報酬は過去最大の下げ幅に


政府・与党が昨年12月に決定した医療制度改革大綱。議論は官邸主導で進められ、改革メニューには診療報酬のマイナス改定や患者の負担増など医療機関にとって痛みを伴う内容が並んだ。既に4月の診療報酬の改定率はマイナス3.16%と過去最大の下げ幅に確定。他の事項も現在詳細が詰められている。今回の大綱で何がどう変わるのか。

    世界最大の医療機器展示会
RSNA2005に見る注目製品 患者・施設に “優しい”がトレンド


毎年11月末に、米国シカゴで開催される北米放射線学会(RSNA)。世界最大級の規模を誇る医療機器展示会も同時に開催され、世界中の医療関係者の注目を集めている。  2005年のRSNA展示会を現地で取材し、MRIやX線CTなど、日本の民間病院が注目すべき製品をピックアップしてみた。

    介護保険制度改正前夜
大手5社それぞれの生き残り策 新設サービスを巡って戦略の違いが鮮明に


2006年4月の介護保険制度改正まで3カ月足らず。次期改正では、新予防給付の創設や地域密着型サービスの新設など、大幅に制度が変更される。この改正に対応しようと、介護大手各社は独自の生き残り策を打ち出している。介護予防をサービスの柱に据えたり、中重度の要介護者へのサービス提供に特化するなど、その戦略は様々だ。

    クリニックを誘致せよ!
増える診療所併設型有老ホーム 高まる入居者の医療依存度、対応模索する事業者


有老ホームの建物の中に、テナントとして診療所を誘致する事業者が出てきた。その背景には、病院の在院日数短縮などにより、濃厚な医療を必要とする人が入居してくるケースが増えているからだ。
 診療所を誘致した有老ホームの先進事例を、診療所医師の声とともに紹介、ホームと医療機関の連携のあり方について考える。



著作権・リンクについて
個人情報保護方針/ネットにおける情報収集/個人情報の共同利用


Copyright (c) 1997-2012 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.



日経ヘルスケア
「特別ダイジェスト版」
プレゼントキャンペーン実施中!



【BOOKS】
「高齢者住宅開設・運営パーフェクトマニュアル 第2版」
2012年8月31日発行


「たんぽぽ先生の在宅報酬算定マニュアル」
2012年8月31日発行


「サービス付き高齢者向け住宅 徹底攻略ガイド 改訂版」
2012年7月13日発行


「介護保険サービス指定基準ガイド 改訂版」
2012年6月29日発行


「病医院のための職員トラブル解決マニュアル」
2011年11月30日発行


「高専賃マーケット徹底攻略ガイド」
2011年4月22日発行


「新・診療所集患マニュアル」
2010年11月30日発行


「高齢者住宅開設・運営パーフェクトマニュアル」
2010年6月30日発行


「介護職員キャリアパス構築マニュアル」
2010年4月28日発行


「病医院のための患者満足度向上マニュアル」
2009年12月11日発行


「介護ビジネスパワーアップマニュアル改訂版」
2009年10月30日発行


「患者トラブル解決マニュアル」
2009年6月25日発行


「患者トラブル解決マニュアル」&「病医院のための人事労務マニュアル」セット


「診療所開業マニュアル」
2008年6月30日発行


「病医院のための人事労務マニュアル」
2007年9月25日発行


「拡大するシニアリビング・マーケットvol.3」
2007年7月13日発行



「介護保険サービス指定基準ガイド」
2006年6月30日発行


「拡大するシニアリビング・マーケットvol.2」
2006年7月31日発行


「これで失敗しない!
有料老人ホーム
賢い選び方」
これで失敗しない!有料老人ホーム賢い選び方 2006年11月27日発行