サービス付き
高齢者向け住宅
有料老人ホーム グループホーム 小規模多機能型
居宅介護
計画の策定から
開設までのポイント
経営・運営の自由度を
生かし魅力を高める
マーケティングで
地域ニーズを見極める
市町村の公募への
参加が前提に
地域に密着した
事業モデルの
構築が不可欠
設計のポイント レンタブル比を50%以下
に抑える
有老ホーム
設置運営指導
指針の遵守が不可欠に
入居者の尊厳に
配慮した施設設計に
居間や食堂、
宿泊スペースの
十分な確保が必須
資金計画のポイント 補助金の活用で
価格競争力を
権利金廃止への対応が
資金計画を左右
小規模施設ゆえに
採算性の検証が重要
高齢者住宅への併設モデルで採算性を検証
ケーススタディー 介護ニーズへの対応で
機能強化を図る
医療対応型、低価格型など様々な工夫で入居者確保 入居者への医療対応でケアの質向上へ 高齢者住宅との併設で
包括ケアの強みを生かす

各項目がまるごと読める! PDFで公開中

【第2章】第1部 サービス付き高齢者向け住宅とは何か

【第2章】第2部 サービス付き高齢者向け住宅の開設スケジュール

【第2章】第8部 サービス付き高齢者向け住宅の設計のポイント

【第3章】第4部 有料老人ホームの資金計画と収支シミュレーション

【第2章】第9部 サービス付き高齢者向け住宅のケーススタディー

読者特価で購入する 一般価格で購入する

1 高齢者住宅市場の動向と行方

高齢者住宅のマーケットは今後どのように広がっていくのか。民間事業者、医療法人の経営にどんなインパクトを与えるのか。サ高住制度の創設、介護保険法改正、2012年度介護報酬改定などを踏まえつつ現在の市場動向を解説し、将来を展望。

  • 拡大する市場と高齢者住宅の供給動向
  • 「総量規制」の行方
  • サ高住制度創設のインパクト
  • これからの高齢者住宅に求められる機能

2 サービス付き高齢者向け住宅の開設と運営のポイント

  • サービス付き高齢者向け住宅とは何か:定義・役割/登録条件(施設・サービス・人員基準ほか)/分類/介護保険上の位置づけ/入居対象者/提供サービスのポイント/供給動向/入居動向/介護報酬の算定方法
  • 計画策定から開設までの流れ:事業計画立案のポイント/必要な行政手続き/職員の採用と教育/入居者募集のツボ
  • 設計のポイント:基本的な考え方・注意点/ゾーン別設計ポイント/モデル事例の検討
  • ケーススタディー

3 有料老人ホームの開設と運営のポイント

  • 有料老人ホームとは何か:定義・役割/分類/介護付きと住宅型の選択/介護保険上の位置づけ/入居対象者/提供サービスのポイント/供給動向/入居動向/介護報酬の算定方法
  • 計画策定から開設までの流れ:事業計画立案のポイント/必要な行政手続き/自治体のコンペに勝つ方法/職員の採用と教育/入居者募集のツボ
  • 設計のポイント:基本的な考え方・注意点/ゾーン別設計ポイント/モデル事例の検討
  • 資金計画・収支シミュレーション
  • ケーススタディー

4 認知症高齢者グループホームの開設と運営のポイント

  • 認知症高齢者グループホームとは何か:定義・役割/分類/介護保険上の位置づけ/入居対象者/提供サービスのポイント/重度者対応や看取りの方法/供給動向/入居動向/介護報酬 の算定方法
  • 計画策定から開設までの流れ:事業計画立案のポイント/必要な行政手続き/職員の採用と教育/入居者募集のツボ
  • 設計のポイント:基本的な考え方・注意点/ゾーン別設計ポイント/モデル事例の検討
  • 収支シミュレーション
  • ケーススタディー

5 小規模多機能型居宅介護の開設と運営のポイント

  • 小規模多機能型居宅介護とは何か:定義・役割/分類/介護保険上の位置づけ/入居対象者/提供サービスのポイント/供給動向/住宅型有料老人ホームなどへの併設の是非/利用動向/介護報酬の算定方法
  • 計画策定から開設までの流れ:事業計画立案のポイント/必要な行政手続き/職員の採用と教育/利用者確保のツボ
  • 設計のポイント:基本的な考え方・注意点/高齢者住宅に併設したモデル事例の検討
  • 高齢者住宅に併設したモデル事例の収支シミュレーション
  • ケーススタディー

6 医療機関が作る高齢者住宅の開設・運営のポイント

  • 計画策定、開設の留意点:医療機関が手がけるメリット/施設 類型の選択のポイント/療養病床からの転換
  • 高齢者住宅向け在宅医療の診療報酬:2012年度診療・介護報酬改定の内容/在宅療養支援診療所・病院が算定可能な点数/在宅時医学総合管理料と特定施設入居時等医学総合管理料の違いは? など
  • ケーススタディー

7 開設5年目以降の課題と運営見直しのポイント

高齢者住宅を開設してしばらくたつと、様々な問題が浮上してくる。入居者の減少、離職による人材不足、入居者の重度化、日用品費・食費・光熱水費の原価上昇、建物・設備の老朽化――。悩ましい経営課題の具体的な解決方法を伝授する。

8 リニューアル成功のポイント

高齢者住宅を開設すれば、いずれ建物や設備が老朽化し、改修を行う必要がある。計画策定から工事までの流れを解説。単なる老朽化対策ではなく、入居率の向上や運営効率の改善、スタッフの定着率アップなどにつながる方策を詳述する。

9 政令指定都市の第5期介護保険事業計画

全国の政令指定都市の介護保険事業計画を収載。各自治体の介護付き有料老人ホームや認知症高齢者グループホームなどの開設枠、高齢者住宅の供給動向が一目でわかる。

10 用語解説

難解な専門用語をわかりやすく解説。一読すればスペシャリストに。適合高齢者専用賃貸住宅、特定施設入居者生活介護、住所地特例の定義とは? など

11 資料編

  • 高齢者の居住の安定確保に関する法律
  • 指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準
  • 指定地域密着型サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準
  • 有料老人ホーム設置運営標準指導指針
読者特価で購入する 一般価格で購入する
「日経ヘルスケア」関連書籍のご案内 サービス付き高齢者向け住宅徹底攻略ガイド 高齢者住宅開設・運営パーフェクトマニュアル 第2版